ゲストさん ログイン ログアウト 登録
オープンの川
 低学年から学力の基礎を作る
幼長、小1、小2、小3の基礎学力をひとつの講座で学ぶ。
読書の習慣、国語算数の勉強、暗唱の学習、創造発表の練習をオンラインで。

  

森川林日記
 森川林の日記。どうでもいいことと重要なことを両方書きますが、重要なことは然るべきところにリンクしておきます。




< 前 | 現在1-50番 | 次 > 51-100(全269件)
 
and検索
このpage検索
 


元の記事:
作文通信教育講座「ブンブンどりむ」の作文指導 (971字) 森川林(nane) 2023/11/28 08:30:45 15537   5     



 作文通信教育講座「ブンブンどりむ」が、毎週数回、朝日小学生新聞に広告を載せています。

 私は、当初、よくがんばっているなあと見ているだけでしたが、この広告を真に受けて、ブンブンどりむを始める人もいるのではないかと思いました。
 それは、子供の作文学習にとって大きなマイナスになります。

 ブンブンどりむを監修している齋藤孝さんには、作文教育に関する理念も方法もありません。
 ただ名前が売れているから看板になっているだけです。

 そこで、齋藤孝さんが最近書いた「こども文章力」という本に沿って、斉藤さんの作文指導の方法がいかにレベルが低いかということを説明しました。

 私は、人を批判するのは好きではありません。
 しかし、勘違いした作文指導に参加する人がいるのはよくないと思ったので、あえて批判的なことを書くことにしました。

 小学校低学年の作文指導は大事ですが、ある意味で、どういう指導をしても子供はそれなりについてきます。
 ただ、それが、高学年、中学生、高校生まで続けられるかということが問題です。
 ブンブンどりむには、中学生、高校生の指導はありません。
 たぶん、小学校高学年の生徒の作文指導もほとんどないと思います。
 作文指導の確立した方法がなければ、低学年のころの思いつきの作文指導で終わってしまうのです。

 下記に、斎藤さんの「こども文章力」のどこが問題かということを載せました。
 齋藤孝さんと「ブンブンどりむ」は、もし反論があれば、コメント欄に書いてください。
 反論、大歓迎。


齋藤孝さんの(5)「こども文章力」のそれぞれの章に対する解説と批判――日本の作文教育のレベルを下げる思いつきの作文指導では、子供たちはかえって作文を書けなくなる

日記を書かせる指導よりも、本を読ませる指導が大事、そして「何を書くか」ではなく「どう書くか」を考える――齋藤孝さんの(4)「こども文章力」の日記指導ではすぐに書くことがなくなる

齋藤孝さんの(3)「こども文章力」を読んで――例文にもなっていない例文をどう評価するか

齋藤孝さんの(2)「こども文章力」を読んで――「ブンブンどりむ」の監修者、齋藤孝さんの穴埋め作文では、作文を書く前の手間がかかるだけ――作文の構成には、学年に応じた指導が必要

齋藤孝さんの(1)「こども文章力」を読んで――あまりのレベルの低さに驚く



上の記事に対するコメント▼



題名:
    本文が長いときは、フォームに直接書くよりも、書いたものをコピーして貼り付けることをおすすめします。
本文:
名前:名前は本名でなくてかまいません。自由につけてください。
コード:
パス:  画像は、送信確認をしたあとのページで入れられます。

※コードとパスワードを入れなくても送信できますが、その場合は反映されるまで少し時間がかかります。
 コードとパスワードは、登録ページで取得することもできます。

< 前 | 現在1-50番 | 次 > 51-100(全269件)



Online作文教室 言葉の森    オープンの川 編集   管理の川(事務局用) 「森川林日記」 昨日から 10