秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 長文音読で親子の対話を(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 自習で実力をつけ、予習で対話を楽しむ作文の勉強

 
親子の対話のための準備として予習室(facebook記事より)  2012年1月30日  No.1420
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1420      





 いいものを作るには、
 多くの手間がかかる。
 いい対話をするには、
 それなりの準備が必要だ。

 家庭学習で、子供たちの理解力、思考力、表現力を高めていく方法は、親子のちょっと知的な対話です。

 しかし、特に準備もせずにお喋りをしても、なかなか「ちょっと知的な」というところまではいきません。

 そこで、第一の準備は子供です。

 毎日、その学年にとっては少し難しい長文を音読して、その内容を丸ごと頭に入れておきます。

 文章というのは、多少難しくても、何度も繰り返し読んでいると、頭に入ってくるからです。

 そして、第二の準備は、お父さんやお母さんです。

 「パスツールがニワトリコレラの実験をしているときに、偶然に免疫を発見した」というような話を子供が説明してくれたときに、お父さんやお母さんに準備がなければ、「はあ、そうなんだ……」で終わってしまいます(笑)。

 しかし、お父さんやお母さんの予習は、参考書を調べるような知識の予習ではありません。

 自分の体験に照らし合わせて似た例を話す予習なのです。

 なぜかというと、子供にとっていちばん必要なのは、空虚な知識ではなく、その知識を肉付けしてくれる体験だからです。

 その体験を、身近なお父さんやお母さんから聞かされると、子供の理解力は大きく広がります。

 だから、お父さんやお母さんの予習は脱線でいいのです。

 「そう言えば、今年は早めに風邪を引いたから、もう引かないなあ」とか、「ニワトリの実験と言えば、ニワトリって引っくり返す寝ちゃうんだよ」とか、自分の興味に任せて話をふくらませていけばいいのです。

 こういう脱線によって子供の頭の中に、免疫やニワトリという概念が生きた形で定着します。

 そして、いつか自分が風邪を引いたり、ニワトリを見つけたときに、その知識が更に生きたものとして成長するのです。

 では、そのお父さんやお母さんの予習に必要なものは何かというと、お父さんやお母さんどうしの雑談です。

 子供の対話の予習のために、大人どうしのお喋りが役に立つ。これが対話の教育の仕組みなのです。


 ということで、話が長くなってしまいましたが、今日のテーマは、お喋り。(今ごろですみません(^^ゞ)

1、大人のお喋りについてひとこと、
 又は、
2、「お、と、な」又は、お「しゃ、べ、り」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 季節は、どんどん春に向かっています。
 地面の中からも、何かお喋りが聞こえてくるようです。

 それでは、今日も、明るいいい一日をお過ごしください。


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=308446092534895&l=780c893f2b
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

親子の対話のための準備として予習室(facebook記事より) 森川林 20120130 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」