秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 検索のインターネットから交流のインターネットへ
▽ひとつ後の記事 合格速報続き:麻布中は書かせる問題

 
駆け凧と心意気の勉強(facebook記事より)  2012年2月12日  No.1440
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1440      





 凧を手っ取り早く揚げようと思って、
 走って揚げると確かに揚がるが、
 その凧は駆け凧になって、
 もう弱い風では揚がらなくなる。

 ということを、子供のときに、みんなで凧揚げをしながら経験しました。

 だから、小さい子が面倒臭がって走って凧を揚げようとすると、
「こうちゃん、それじゃ駆け凧になっちゃうよ」
などと言ったものです。

 子供は、遊びの中で結構いろいろなことを学んでいます。

 褒美をあげてさせたことは、褒美がなくなると、かえって意欲をなくすという心理学の実験があります。

 長続きする勉強のできる子に育てようと思ったら、勉強と褒美をなるべく結びつけない方がいいのです。

 でも、全く褒美なしでも動かないので、そこは工夫のしどころです。

 弱い風でも静かに揚がる凧にすれば、凧はある高さからは、自分の力でどんどん揚がっていきます。

 褒美ばかりで育った子は、大人になっても、褒美で人を動かそうとするでしょう。

 でも、人は多くの場合、心意気で動くのです。

 明治維新を担った若者たちも、褒美で勉強をしたのではなく心意気で勉強をしたのだと思います。

 そして、これからの人間の動機の多くの部分は、心意気になるような気がします。


 そこで、今日のテーマは、心意気。

1、心意気についてひとこと、
 又は、
2、「ここ、ろ、いき」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 それでは、今日も、いつもの心意気で、いい日曜日をお過ごしください。


(写真は「SOZAIjiten」より)

「だれか、ぼくのこと呼びましたか」
「君じゃないって。しかもイカだし」


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

駆け凧と心意気の勉強(facebook記事より) 森川林 20120212 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」