秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文の出口と入口(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 口と耳の読書(facebook記事より)

 
選択式の時代から記述式の時代へ(facebook記事より)  2012年2月20日  No.1445
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1445      





 選択式の時代が終わり、
 これから記述式の時代へ。
 記述式の時代とはテクニックの時代ではなく、
 考える力の時代だ。

 入試問題では、難度の高いところほど国語の問題は記述式です。
 東大など国立大学の多くは記述式の問題で、選択式の問題はほとんどか全くありません。
 昔から、国語の問題はそういうものだと決まっているのです。

 これに対して、大学入試センター試験や私立大学の試験のほとんどは選択式です。
 大量の受験生の答案を短期間で採点するためには、選択式にならざるを得ないのです。

 ところが、選択式は、普通の理解力のある子なら、解き方のコツがわかればほぼ満点がとれます。
 だから、私立大の国語の問題の中には、不自然に難解な悪文が多いのです(笑)。
 問題を作成している人にちょっと同情します。

 いずれにしても、まともに国語力を見るためには、選択式ではなく、記述式でなければなりません。
 少子化のゆとりの中で、だんだんそういう傾向が増してきているようです。

 記述式の発展したものが作文や小論文です。
 これは、採点に更に時間がかかるため、入試のような場面では、まだ本格的な導入は難しいようです。
 しかし、公立中高一貫校や高校、大学の推薦入試では、一般的な試験になっています。

 選択式から記述式への流れというのは、入試ばかりではありません。
 人生もだんだん、選択式から記述式へと変わってきているようです。
 確かに、
「あなたは、どの人生を選択しますか。次の4つのうちから正しいものを1つを選びなさい」
なんて言われたら困る(笑)。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語問題(15) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

選択式の時代から記述式の時代へ(facebook記事より) 森川林 20120220 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」