秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 【合格速報】東京医科歯科大医学部に合格したEさんの話
▽ひとつ後の記事 授業の丘に3.2週の動画をアップロード(小6、中2、中3)

 
日本語は学力の基本だが、その前提としての体験と実感も大切(facebook記事より)  2012年3月10日  No.1477
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1477      





 英語教育のポイントはやらせすぎないこと。
 日本語が基本にあるという原点を忘れないこと。
 日本語教育のポイントもやらせすぎないこと。
 実物と体験が基本にあるという原点を忘れないこと。

 小さい子供は吸収力があるので、与えれば与えただけ吸収します。

 だから、子供はもともと天才です。

 しかし、勉強の多くは、物事を分離し分析して理解する左脳的なものですから、勉強をさせすぎると右脳的な世界が乏しくなってきます。

 小学生の英語教育の鵜沢戸久子さんは、子供に英語のCDを聞かせる時間は1日10分から15分と述べています。それ以上させると、日本語の能力が阻害されてしまうからです。

 同様に、日本語も、読書で言葉だけのものを与えすぎると、実感の世界が乏しくなってきます。

 絵本や図解で「この花の名前は桜」と理解するだけでなく、外に出て実際の花を見ながら、「桜が咲いている」と実感することで言葉は生きたものになってきます。

 ルソーが後年なぜ自然教育を説いたのかというと、子供のころ本を読みすぎた自分の子供時代を失敗と感じていたからです。

 左脳が物事を分離し分析する脳とすれば、右脳は物事と一体化し共感する脳です。

 創造力とは異なるものの共通点を見つける力ですから、両方の能力がバランスよく成長していることが大切です。

 頭のいい人に書類を分類させると、際限なく細かく分類してかえって使いにくくなってしまうことがあると言われています。

 分離と分析が得意すぎると、大きくまとめることが苦手になるのです。

 しかし、もちろん右脳だけを鍛えるのも問題です。

 小さいころから運動をやりすぎている子の中に、読書が苦手という子が意外と多くいます。

 大事なことは、親がひとつのアイデアだけで子育てをしないことです。

 子供の様子をよく見ながら、バランスよく子供を育てていきましょう。

 そして、いずれの場合にも共通する大事なことは、いつも明るく楽しく褒めて励ましながらやっていくことです。

 バランスをよくするためにいつも叱っているなんていうのは逆効果(笑)。


 そこで、今日のテーマは、バランス。(そういえば、ルソーの初恋の人の名前は、バランス夫人でした)

1、バランスについてひとこと、
 又は、
2、「ば、らん、す」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 日本列島に沿って動いていた龍のような雨前線も、次第に東に移動していき、今日は西から晴れ間が出てきそうです。

 それでは、今日もいい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

日本語は学力の基本だが、その前提としての体験と実感も大切(facebook記事より) 森川林 20120310 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


noga 20120317  
意思は、未来時制の内容である。が、日本語の文法には、時制がない。
「世の中は、、、」の内容は、実況放送・現状報告の内容、つまり現実の内容ばかりである。
意思を表せば当事者となる。表さなければ傍観者。
日本人には恣意 (私意・我儘・身勝手) はあっても、意思はない。子供のようなものか。
かくして我が国は、世界にあって、世界に属さず。
理想は考え (非現実) の内容である。
考えのない生活には、夢も希望もない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/





森川林 20120318  
 nogaさん、コメントありがとうございます。
 でも、うーん、何を言いたいのかよくわかりませんでした。(^^ゞ


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」