秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力はいつの間にかついてくるもの(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 塾の作文模試でひどい点数(facebook記事より)

 
頼りになるのは、未来に向かう力(facebook記事より)  2012年11月5日  No.1646
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1646      





 頼りになるもの、未来。

 頼りにならないもの、過去。

 いちばん頼りになるのは、ゼロからスタートしても生きる力を持っていること。

 しかし、そういう人は少ないから、当面は助け合う仲間を持っていること。



 人間は、ひとりで生きていくこともできます。(ネコ科の動物たちのように)

 しかし、他の人と協力して生きた方がよりよい生活を送れるので、人間の社会を作りました。

 その原点にあるものが、自分から相手に与えることのできる何かです。


 これから、時代は大きく変化します。

 そのときに、いちばん頼りになるのが自分自身です。

 自分が他の人に与えることのできるものがあれば、自分の周囲に社会を作って生きていくことができます。

 それは、力仕事でも、料理の腕でも、みんなを喜ばせる技術でも何でもいいのです。

 会社勤めをしていても、会社の給料を上回る仕事をしていれば、それは与える何かを持っているということです。


 そして、与えることのできるものの中で、最も求められるものが新しいものを創造する力です。


 欧米に追いつこうとした時代は、もうしばらく前に終わりました。(学ぶことはありますが)

 これからは、日本人が、日本のこれまでの文化を土台にして日本独自のものを創造する時代です。


 その創造の基盤になるものが、子供たちの教育です。

 その教育を支えるためにも、私たちがまず自分から創造し与えることのできるものをたくさん作っていきましょう。



 連休明けは、曇りのち雨模様。

 クマたちもそろそろ冬眠の準備に入っているころでしょう。

 今年はクリもドングリも豊作だったようです。

 クマちゃんたち、よかったね。


 人間には冬眠はないので(毎朝、冬眠のように寝ている人はいますが)、春も夏も秋も冬も年中活動です。

 それでは、今日も元気な一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 生き方(41) 

コメントフォーム

頼りになるのは、未来に向かう力(facebook記事より) 森川林 20121105 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」