秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 塾の作文模試でひどい点数(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 今の教育が未来の日本を作る(facebook記事より)

 
バブル崩壊のあとに来る循環型の社会と創造の時代(facebook記事より)  2012年11月8日  No.1648
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1648      





 楽しいことを考えよう。楽しいことが起きてくる。

 世界のカラーは自分が作っている。

 今日も青空が広がる日本列島。

 深まりゆく秋の実りに感謝して、静かに冬の支度を始めよう。





 経済は破綻に向かって静かに進んでいるようです。

 いつかどこかで引き金が引かれるでしょう。


 これまでの時代では、その前後に戦争が起こされましたが、今は裏の仕組みがわかってきたので、もう戦争は起こせません。

 バブルを真水に変える地球開発という案は魅力的ですが、それは長い目で見ればバブルの先延ばしでしかありません。

 最もありそうなシナリオは、日本がかつて経験したような、バブル崩壊後の長期間の世界規模の失われた年月です。


 そして、その世界的な収縮の時代から、いちばん最初に立ち直る国が日本でしょう。

 それが創造文化産業の時代の始まりです。


 これまでの社会では、人も、金も、物も余っていました。

 だから失業が生まれ、金融工学が生まれ、使い捨てが生まれました。

 そして、それらをまとめて解消する手段として、戦争が起こされていました。


 これらの過剰を真に解決する道は、江戸時代のような循環型社会の構築です。

 地球はもう狭すぎて、未開のフロンティアを探せるような星ではないのです。


 余っている人と金と物の中で、これからの社会を建設するキーとなるものは人です。

 人間の創造性を、循環型社会の中で開花させることが真の未来の展望になります。


 当面は、人間の「私もそうなりたい」という欲求を実現するために、その人に何かを教えられることが創造の中心になるでしょう。

 そのあと、子供時代の教育から立て直す形で、真の創造の時代が始まるのです。



 今日もさわやかな青空。

 地球が古い殻を脱ぎ捨てて、新しく生まれ変わろうとしているかのようです。

 私たちも、古い習慣から抜け出て、これから自分たちの手で新しい未来の道を作っていきましょう。

 それでは、今日も新しい気持ちでいい一日をお過ごしください。

 (中根)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 政治経済(63) 

コメントフォーム

バブル崩壊のあとに来る循環型の社会と創造の時代(facebook記事より) 森川林 20121108 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」