秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 今後起こりうる経済危機と言葉の森と森林プロジェクト
▽ひとつ後の記事 これからの勉強はどうなるのか 1(作文はなぜ必要か)

 
形に残らない国語の勉強(facebook記事より)  2012年11月28日  No.1662
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1662      





 形に残らないものの方が、本当は心の中に残ります。

 きれいな景色を見て写真を撮ると、写真という形が残るので、かえって感動は薄れてしまうことがあります。

 国語の勉強も、それに似ています。

 国語の勉強は、光や風や水のように形に残らないところがいいのです。



 国語力の本質は、文章を読んで理解する力です。

 その文章が日常的、事実的な易しいものから、次第に社会的、抽象的、説明的、意見的な難しいものになっていきます。

 更に、日本の国語の場合は、そこに微妙な心情の変化を読み取ることなども加わります。


 だから、いちばんいい勉強法は、そういう文章を読み慣れることです。


 小学校高学年になって塾の模試を受けると、国語の得意だったはずの子がひどい点数を取ってくることがあります。

 その原因の多くは、難しい文章を読み慣れていないことから来ています。


 国語の問題を解いたり、文章を要約したりという練習は、書くことに時間をかけるわりに読むことにかける時間はあまり多くありません。

 読むことに専念した方がずっと密度の濃い勉強になります。


 ところが読むだけの勉強は形に残らないので、学校や塾では取り組みにくいところがあります。

 国語の授業なのに、ただ文章を読むだけで終わり、というのでは格好がつかないからです。


 だから、国語の勉強は家庭での学習に向いています。

 形の残らないものは、家庭で毎日の習慣のようにやっていくのがいいのです。



 雲の間にぽっかり青い空がのぞいています。

 朝晩は、もう冬の始まりのようです。


 寒さに負けず、今日もいい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

形に残らない国語の勉強(facebook記事より) 森川林 20121128 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」