秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語力をつける勉強の仕方を、模試の見直しをもとに説明 1
▽ひとつ後の記事 あらかじめ正しい方針というものはなく、正しくしていく行動がある(facebook記事より)

 
創造のための教育とインターネットの言語比率(facebook記事より)  2012年12月16日  No.1682
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1682      





 いい学校に入ることが勝ち組の条件になる時代は終わりました。

 いい学校に入って出ても勝ち組になれないからです。

 だから、新しい時代は、勝ち組負け組という区別のない時代です。

 みんなが自分の人生で勝ち組になればいいのです。


 そのためには、奪い合いの時代に終止符を打ち、

 新しい時代を与え合いの時代とすることです。

 与えるためには作らなければなりません。

 みんなが創造者である時代が与え合う時代です。


 ある物が限られたパイと見えるのは、

 パイを消費することばかりを考えているからです。

 自分がパイを作る役になれば、

 パイはいくらでも増えていくのです。


 創造のための教育、これが新しい時代のキーワードです。



 ひと昔前の記事も含みますが、

 言語別インターネット人口は、1位英語27%、2位中国語25%、3位スペイン語8%、4位日本語5%……、5位ポルトガル語4%……(2011年)
http://menamomi.net/nk2012/120123.html

 ブログで多く使われている言語は、1位日本語37%、2位英語36%、3位中国語8%……。(2007年)
http://image.itmedia.co.jp/l/im/news/articles/0704/06/l_ah_blog2.gif

 twitterで多く使われている言語は、1位英語37%、2位日本14%、3位ポルトガル語12%……(2011年)
http://blogos.com/article/25704/

 facebookで多く使われている言語のデータはまだありませんが、日本語は利用人口の割合に比べるとかなり多く使われているのではないかと思います。

 つまり、情報を受信する利用よりも、発信する利用が多いのです。


 この情報の創造を、物の創造や、科学技術の創造や、学問の創造に向けていくのが、これからの、資源小国日本の進む道だと思います。


 今日も好天。

 いろいろな紆余曲折があっても、日本はだんだんいい国になっていくでしょう。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) インターネット(25) 教育論文化論(255) 

コメントフォーム

創造のための教育とインターネットの言語比率(facebook記事より) 森川林 20121216 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」