秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 問題はすべて内側にある(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 勉強はもっと面白いものになる(facebook記事より)

 
新しい文化の創造を日本から(facebook記事より)  2012年12月30日  No.1697
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1697      





 茶の湯の文化や、俳句の文化は、もともとは何の直接的な必要性もないところから生まれたものです。
 同じようなものに、囲碁、将棋、野球、ゴルフ、紅白歌合戦などがあります。
 現代では、もうこれらは確固とした基盤を持っているから、誰もが認める消費の対象となっていますが、宇宙人の目から見れば、不思議な習慣としか見えないでしょう。

 だから、これからの日本、つまり豊かで、成熟して、教育熱心で、科学と技術の国である日本が目指す道は、既にある完成された消費に埋没することではなく、新しい文化を創造することです。
 その文化の方向を、創造的な教育に向けること、これが日本を発展させる道です。

 旧世界と同じレベルで、他の国々と競争するならば、軍事化を進めたり、グローバル化を進めたり、スクラップ&ビルドを進めたりするしかありません。
 一方、旧世界から背を向けるだけならば、新しい鎖国の穏やかな停滞した国になるしかありません。
 そのどちらとも異なる第三の道が、新しい文化を創造する国作りです。

 IT技術の進歩によって、そういう試みが個人のレベルで行える条件が生まれています。
 やがて、日本の各地で、毎年、そんな創造の文化の祭典が行われるようになる日が来るでしょう。
 世界のどこでもやっていないことをまず日本から始めていきましょう。


 このように考えると、身の回りに面白いものがたくさん見つかります。
 たぶん、今も日本のあちこちでそういうアイデアが生まれているのだと思います。



 今日は、どこも雨模様。空気に湿り気ができてちょうどいい具合です。

 それでは、新しい年の準備をしながら、今日もいい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 教育論文化論(255) 

コメントフォーム

新しい文化の創造を日本から(facebook記事より) 森川林 20121230 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」