言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文力、国語力をつけるために、新年度からどういう勉強をするか その1「小3から大きな変化」
▽ひとつ後の記事 合格不合格の先にあるもの

 
言葉の森の作文の無料体験学習は、電話指導なので密度が濃い  2013年1月26日  No.1726
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1726      


言葉の森の作文の無料体験学習は、電話指導なので密度が濃い



 言葉の森の無料体験学習の特長は、担当の先生からの電話指導があることです。このため、密度の濃い体験学習ができるようになっています。
 それは、なぜかというと、言葉の森以外の電話指導のない作文通信講座では、紙の説明だけで子供に作文を書かせるために、書く前の準備が長いからです。

 例えば、ほかの作文通信講座では、次のような感じで書き方を説明します。「そこで面白かったことは何かな。」「そのとき言ったことを書いてみよう。」「そのとき、どんなことを思ったかな。」……。このような準備のためのスモールステップがいくつも続き、最後に、「さあ、今まで書いたことをまとめて作文にしてみよう。」となることが多いのです。これが、紙の上だけの説明の限界です。よく書ける子も、あまり書けない子も、同じような易しい説明から始めなければならないのです。

 電話指導の場合は、そうではありません。先生が子供と話をしながら、どういうふうに書いたらいいかを説明します。そのときに、子供の電話による反応がわかるので、同じ内容の説明でも、より詳しく易しくしたり、より高度にしたりすることができます。

 さて、これまで言葉の森の作文体験学習では、体験学習のときから暗唱の仕方などの説明を盛り込んでいましたが、いろいろと盛り沢山のために負担を感じる方も多かったので、2月からはぐっとシンプルにしました。作文に書く課題と項目だけを指定して、実際に作文を書く練習だけにとどめています。

 暗唱や漢字や読書などの自習は、希望する人だけインターネットで教材を注文してできるような形にしました。
 だから、かなりやりやすくなったと思います。

 体験学習は、過去に一度受けた人もまた受けられます。
 無料体験学習を希望される方は、お電話、又は、インターネットのフォームからお申し込みください。









                                













▽無料体験学習の申し込みは、
http://www.mori7.net/mori/taikenn.php
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 作文の書き方(108) 

コメントフォーム

言葉の森の作文の無料体験学習は、電話指導なので密度が濃い 森川林 20130126 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」