秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 自ら進んで行う学習、「自習表」の書き方
▽ひとつ後の記事 公立中高一貫校の考える勉強をどう進めるか(facebook記事に関連して)

 
集中力をつけるもう一つの方法  2013年2月4日  No.1734
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1734      





 今日のfacebook記事に、次のような記事を書きました。その追加の話です。

====facebook記事より====
 早く終わっていいことがあるなら、早く終わるけど、
 早く終わって新しい勉強が追加されるだけなら、ゆっくりやっていこう。
 そういうことを子供のころから繰り返していると、集中せずにやることが身についてしまいます。

 集中力をつける一つの方法は、小さいころからお手伝いをさせることです。
 お手伝いのような本当は面倒なことを毎日繰り返しやっていると、手際よく仕事を済ませる習慣が身につきます。
 しかし、現代のような電化社会では、苦労してお手伝いするようなことがあまりないので、そこは工夫が必要です。

 集中力をつけるもう一つの方法は、勉強に関しては、時間で計らず分量で量ることです。
 その点、お手伝いは、時間ではなく分量で量るのは自然だからいいのです。
 ○時から○時まで勉強するというのではなく、○○を○○ページまでという形にすれば、自然に早く済ませるようになります。
 ただし、早く済んだから新しい勉強を追加させようとしてはだめ(笑)。
 何度かそういうことをすると、子供は意地でもゆっくりやるようになります。

 子育てにも、それなりの作戦が必要なのです。
 いちばんいい基準は、自分がもし子供だったらそうされたらどうかと考えることです。
====

 その追加。

 集中力をつける第三の方法は、目標を明確化し、それをできるだけ数値化し、それをできればグラフ化し、自分の目標と達成度が自分自身にビジュアルに見えるようにすることです。
 他人に見せたり他人と競争したりするのではなく、自分の目に見えれば、人間は自然に集中してやるようになるのです。

 しかし、今の社会では、こういう工夫があまり教えられていません。
 昔の親の世代は、生きるのに必死だった時代を経ているので、自然に集中して仕事をする癖がついていますが、子供の世代は生まれたときからそれなりに豊かだったために、集中しないで生きる癖がついているのです。

 そのため、子供が勉強をなかなかしないことに親が業を煮やすと、すぐ塾に行かせるようなことを考えます。
 塾に行けば、勉強の場所と時間が強制されるので、嫌でも勉強するようになりますが、それは逆に自分で工夫して勉強する機会を失うことにもなるのです。

 社会に出れば、そういう塾に行くような外からの強制はありません。
 みんな、自分で自分を律して生きています。
 だから、子供のころから、遠回りのように見えても、自分で自分を励まして勉強したり仕事をしたりする機会を作っていくといいのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
自習検定試験(10) 

コメントフォーム

集中力をつけるもう一つの方法 森川林 20130204 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」