言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために
▽ひとつ後の記事 公立中高一貫校の受験に向けての勉強を家庭学習で進めるために 2

 
公立中高一貫校の問題は結構面白い(facebook記事に関連して)  2013年2月6日  No.1738
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1738      




 facebookに公立中高一貫校の受験問題の話を書きました。
 その続き。

====
「(ゼニゴケの写真とスイレンの写真を見せて)ゼニゴケがスイレンよりずっと小さな植物だということが分かる写真にするためには、どのような工夫をすれば良いですか。」
「東京スカイツリーの展望台からの眺めを想像して、その様子を俳句のように五・七・五の十七音で表現しなさい。」
「日本の人口構成をふまえて、今後の日本の輸送をどうしていったらよいか、あなたの考えを書きなさい。」

 こういうのが、公立中高一貫校の受験問題です。(東京都立の公立中高一貫校のうち3校の問題から)
 普通の試験で連想するような漢字や計算の問題はひとつもありません。
 計算が必要としても、+-×÷ができて、A:B=a:bの考え方ができれば解けるようなものだけです。

 文章を読む力と自分で考えて書く力があれば誰でもできる問題です。しかし、考える力がないと書きようがありません。

 こういう学力は、問題集を解くような勉強ではつきません。

 では、どうしたら、こういう問題に答えられる学力がつくかというと、ひとつは、普段の家庭の対話です。
 もうひとつは、勉強を楽しむ姿勢です。
 そして、それらの基礎としての文章を読む力と、考えたことを書く力です。

 こういう勉強なら、子供も楽しくできるし、親も一緒に楽しめます。
 小中学生のころは、こういう勉強でいいのです。

 いろいろなことを詰め込んでがんばる勉強は、高校生になってからやっていけば充分間に合います。


 言葉の森では、今、そういう小学生からの楽しくできる家庭学習を計画しているところです。
====

 ほかにどんな問題があるかというと、こんな問題です。

■A池とB池のスイレンの花のこみ具合をあなたはどのように比べますか。



●答えは、

 まず、それぞれの池のスイレンの花の数を数える。
 次に、スイレンが生えているところを正方形の数として数えそれを面積ととする。
 花の数を面積で割ったものが、それぞれの池の混み具合。
(都立両国中 2012年の問題より)

■図1にア⇔イ操作を行うと図2になります。
 では、図2に何回かの操作を行って図3にしたいときどんな順番で行えばよいですか。





●答えのひとつは、

 1⇔2、2⇔3、イ⇔ウ
(都立小石川中2012年の問題より)


 こういう問題を、家族で一緒にクイズを解くような感じでやっていけば、休日の夕方の楽しいレジャーになります。
 更に、「同じような問題を作ってみようか」とか、「同じように新しいパズルを考えてみようか」となれば、もっと創造的です。

 例えば、太って背が低い人のシルエットとやせて背が高い人のシルエットをくらべて、どっちがシルエットの面積が多いかという問題などが作れます。
 また、9つのマスを16個に増やしてみるとか、立体にしてみるとかすれば、もっと頭を使う問題が作れます。

 こういう勉強は、一斉授業の詰め込みではできません。
 たっぷり時間のとれる家庭での学習で、本人が納得するまで考える中で初めて身についてくるのです。

 言葉の森では、こういう家庭学習の交流の場をホームページの中に作っていく予定です。
 そこで、公立中高一貫校の過去問から毎週一つテーマを選び、家庭でどう取り組んだらいいかという案を提供します。
 これは、受験生でなくても参加できます。小学校低学年の子の保護者でも、低学年に合わせて生かしていくことができます。

 春にスタートする予定ですので、もうしばらくお待ちください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
公立中高一貫校(63) 家庭学習(92) 

コメントフォーム

公立中高一貫校の問題は結構面白い(facebook記事に関連して) 森川林 20130206 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」