△ひとつ前の記事 低学年の勉強は、長時間やらないこと、毎日やること
▽ひとつ後の記事 作文採点ソフト「森リン」の思考語彙の点数を上げるには

 
1997年ごろの言葉の森のホームページ。そしてこれから  2013年5月3日  No.1803
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1803      



(クリックすると大きくなります)

 ウェブの生誕何十周年だとかいうことを聞いたので、昔の言葉の森のページを見てみました。
 1996年9月に開設したのですが、そのころの画面はなく、1年後の1997年の画面がありました。
 今とあまり変わらない……(笑)。

 中央やや左にかいてあるモグラのような得体の知れない動物は、当時小2の子がかいた「コモリン」という名前の想像上の生き物です。

http://web.archive.org/web/19970502140902/http://www.mmjp.or.jp/shine/

 これを見ると、当時からかなり進んだページを作っていたのだとわかります。
 その後、開発をしていなかったので、今はかなり遅れていますが。(^^ゞ

 しかし、これからまたがんばっていきたいと思っています。

 これから作るのは、スマートフォンに対応したページです。

 しかし、その後の流れを予測すると、たぶんスマートフォン対応のページというのは将来なくなると思います。
 昔、携帯対応のページというのがありました。文字だけの軽いページでしたが、その後スマートフォンがリッチなページを表示できるようになると必要なくなってしまいました。

 今、スマートフォン対応のページが必要なのは、スマートフォンで見ることのできる画面が小さいからです。
 ところが、今、googleが開発しているグラスは、たぶんウェブをスマートフォンの画面で見るのではなく、眼鏡の中で見るのだと思います。(あくまでも推測)
 すると、サイズの制約というものはなくなります。

 そして、サイズの制約がなくなるどころか、360度すべてがウェブの画面として表示されるようになります。ほとんどマトリックスの世界です(笑)。
 インターネットの進歩は速いので、追いつくことを考えるよりも、新しい展開を予測して先取りしていた方が楽しいと思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
インターネット(25) 言葉の森サイト(41) 

 コメント欄
コメントフォーム

1997年ごろの言葉の森のホームページ。そしてこれから 森川林 20130503 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」