△ひとつ前の記事 作文は、書いたあとの添削よりも、書く前の準備の方が大事
▽ひとつ後の記事 人間には波がある(facebook記事より)

 
なぜ音読が役に立つのか(facebook記事より)  2013年5月14日  No.1812
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1812      





 今日のfacebook記事に、「なぜ音読は役に立つのか」という記事を書きました。

====

「なぜ音読が役に立つのか」

 国語の勉強法で最も大事なことは、難しい文章を読むことです。

 ところが、文章を読む意欲は、読む内容の面白さ×読みやすさに比例します。
 内容にあまり関心がないもので、読みにくいものは、読もうという気持ちが起きません。

 そのかわり、内容に関心があるものならどんなに難しくても読みたくなります。
 また、特に内容に関心がなくても、読みやすい漫画はすぐに読みたくなります。

 読む力をつけるのにふさわしいものは、大体内容に関心が持てず、表現も難しいものが多いので、必要だとわかっていてもなかなか読めないのです。

 そこで役に立つのが音読です。
 声を出すという動作がきっかけになって、読みにくいものでも読み続けることができるのです。

 それと似ているものが、作文と対話です。
 いずれも、書くとか話すとかいう動作がきっかけになって、考えにくいものを考えることができるからです。

 知識を覚える勉強は、手応えがあります。やればそれだけ成果が目に見えます。そして、教材も豊富です。

 しかし、考える勉強は、手応えがありません。成果が見えないし、教材もありません。
 そして、どういうふうに力をつけるのかもわかりにくいのです。

 その考える勉強の方法が、読書、音読、作文、対話なのです。

====

 その音読の勉強をどう続けるかという方法を、このあと書きたいと思います。(つづく)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
音読(22) 

 コメント欄
コメントフォーム

なぜ音読が役に立つのか(facebook記事より) 森川林 20130514 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」