秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 公立中高一貫校の勉強の基本。塾-宿題-問題-試験型の勉強から、家庭-自習-読書-対話型の勉強へ
▽ひとつ後の記事 これから来る自由で豊かな社会における教育の目標としての創造性

 
低学年からできる公立中高一貫校受験にも対応した「読解-記述-対話」の自習教材  2013年6月20日  No.1844
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1844      




 今日のfacebook記事の紹介から。

====
 これまでの勉強は、学校や塾で、問題を解く形の宿題を出されて、覚えた知識によって、○×式で選択し、その結果を試験で採点する、という勉強でした。
 これからの勉強は、家庭で、文章や図を読む形の自習をして、自分なりに考えることによって、記述し、その結果を対話で締めくくる、という勉強になるでしょう。

 そういう勉強が、これからの創造性を必要とする時代に対応できる勉強です。

 言葉の森で今、公立中高一貫校受験用の「読解-記述-対話」型の自習教材を作っています。

 しかし、従来の「記憶-選択-試験」型の教材で勉強してきた子には、こういう勉強法は戸惑うものになるかもしれません。

 そこで、考えたのが、小学校高学年からではなく、もっと低学年のうちから、「読解-記述-対話」型の勉強に慣れておくことです。
 しかし、そういう勉強法にふさわしい教材が今はまだほとんどありません。

 そこで、こういう勉強法に関心のある人が、互いにオープンに教材や長文を作り合い、紹介し合うような場を作っていきたいと思っています。
====

 これまでの勉強は、塾に通って、漢字や計算や様々な知識を先取りするという勉強でした。
 それは、それで悪くはありませんが、勉強をそういう知識的なものに限定して、そこで得点や順位を競うようにすると弊害が出てきます。
 知識型の勉強は、ある程度まで到達すればいいという勉強で、それ以上に順位を争うようなものではありません。

 むしろ、知識の勉強はほどほどにして、余った時間を思考型の勉強にふりむけていくことが大事です。

 ところが、そういう思考型の勉強に向く教材というものがあまりありません。
 少し近いのが、新聞を教材にした勉強です。
 しかし、新聞は、時事性が強すぎるということと、年を越えた蓄積ができないという弱点があります。
 例えば、お兄ちゃんが勉強した過程を、弟が参考にするというようなことができません。

 ほかにも、科学読み物、図鑑、年鑑、理科や社会の教科書や参考書、学習漫画的なものといろいろ教材の候補はありますが、どれも一長一短があります。
 総じて言えば、共通するいちばんの問題は、切り貼りがしにくいということです。

 そこで、こういう勉強をしたい人のために、オープンな教材作成をする場を作ることにしました。
 ここで、互いに長文を教材を作り合い、それらをオープンに誰でも利用できるものにしていきたいと思います。

 現在、言葉の森には、小1~小3の読解マラソン長文があります。
 また、今、小5~小6対象の公立中高一貫校受験対応の自習教材を作っています。

 今後、力を入れていきたいのは、
(1)小4~小6の読解マラソン長文
(2)小1~小4の自習教材
です。

 関心のある方は、ぜひご参加ください。

【教材作成ページ】

 facebookグループでは、「言葉の森オープン長文」
http://www.facebook.com/groups/okaot/

 ホームページの掲示板では、「オープン長文チョウチョの丘」
http://www.mori7.com/okaot/

【参考ページ】

言葉の森の読解マラソン長文のページ
http://www.mori7.net/marason/marason_sample.php

自習講座の趣旨と方法の記事
http://www.mori7.com/an/16.html

公立中高一貫校のオープン教材のページ
http://www.mori7.net/juken/
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オープン教育(24) 小学校低学年(79) 公立中高一貫校(63) 

コメントフォーム

低学年からできる公立中高一貫校受験にも対応した「読解-記述-対話」の自習教材 森川林 20130620 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」