言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小学校低学年までは日本語を確実に。日本語の特徴は母音言語
▽ひとつ後の記事 綱引きの中心は「分離と競争」から「共生と創造」に。新しい作文教育論

 
センター試験必勝法。そしてセンター試験のあとに来る本当の勉強  2014年1月15日  No.2040
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2040      





 センター試験の問題は、どの選択肢が合っているかという根拠を探すと能率が悪くなります。
 どの選択肢が間違っているかという根拠を探し、その結果間違っていないものが合っているとと考えれば短時間で正解率が上がります。

 言葉の森のセンター試験国語の解説のページに、微妙な質問がありました。
http://www.mori7.com/index.php?e=365

====引用はじめ

質問:
 小説の5問目で、(4)「ひたすら家財の焼却を続けた父」という記述が本文のどこにあるのか教えてもらえませんか。本文中の「最後の焚火を燃やすことに父は夢中になり」には具体的に何を燃やしているのか書かれていませんし、「ガラクタ」は「家財」ではないと思うのですが。

私の回答:
 確かに、燃やしたのは、「家財」ではなく「庭に集めた塵芥」です。だから、この選択肢は、◎というよりも?です。
 しかし、その塵芥には、前の文にあるように、「(両腕にかかえてきた)電球」も含まれているようですし、その後の文にあるように「物凄い黒煙」を出すものなので、これを「(塵芥となった、かつての)家財」と考えてもいいのではないかということです。

====引用おわり

 ここまで厳密に読んでいるこの質問者は、センター試験国語の現代文は満点に近いと思います。

 そして、国語でこのコツがわかれば、これは英語の選択問題にも当然あてはまります。
 逆に言えば、この読解の仕方がわからなければ、英語がいくら得意でも高得点にはなりません。
 だから、高校3年生では、国語力が英語力を支えているのです。


 しかし、ここで私は思うのです。
 こういう問題を作る人の苦労を思いつつ、もうこのような試験問題はやめたらいいのではないかと。

 インターネットを利用すれば、定員の制限なく、誰でも自由に自分の好きな学問ができるはずです。
 選択肢のアラを探すような不毛な勉強を高校生にさせるのではなく、もっと思考力と創造性を伸ばすような教育をする時期に来ています。

 その教育の中心になるものは、読書と作文(小論文)とディスカッションです。
 ディスカッションと言っても、他人を論破することを目的としたディベートではなく、互いの考えを認め合う対話です。

(作文と小論文は違うと言う人がときどきいますが、どちらも同じです。事実にウェイトが置かれているものが作文で、意見にウェイトが置かれているものが小論文です。エッセイなど、その境界が曖昧なものもあるので、全部まとめて作文という言葉でいいと考えています。)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
センター試験(7) 国語力読解力(155) 

コメントフォーム

センター試験必勝法。そしてセンター試験のあとに来る本当の勉強 森川林 20140115 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」