言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 パズルのようなテストの勉強ではなく、もっと本質的な勉強を
▽ひとつ後の記事 勉強を教えテストをするのではなく、勉強の仕方を教えることが大事

 
勉強面の注意は抑え、躾面の注意は繰り返す  2014年1月23日  No.2053
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2053      





 facebook記事より。

====

 子供の作文について、「どう注意したら、もっとよくなるでしょうか」と聞くお母さんがいます。
 すると、先生の中にも、「もっとこういうところを注意したらいいのではないですか」と答える人がいます。

 これは、ある点では普通の会話で、何も問題はないのですが、実は、大きく見ると、つい注意したくなるお母さんの癖というものがあります。

 子供の作文でも、音読でも、読書の仕方でも、大人が見れば注意したくなることはたくさんあります。
 しかし、そこで注意したくなる癖をそのまま出してしまうと、子供は次第に作文を見せなくなったり、音読をしなくなったり、読書をしなくなったりします。

 特に、子供が小学2年生のころまでは、親の言うことを素直に聞くので、親もあまり考えずに注意してしまうことがあります。
 子供が素直なうちこそ、お母さんは、注意はせずにできるだけいいところを見てあげる必要があります。

 しかし、躾については、逆に例外なく注意することが大切です。
 例えば、玄関の靴をそろえるなどということは、毎日のように言わなければ習慣になりません。
 一度でも例外を見逃がすと、習慣はすぐに崩れます。

 つまり、勉強などの能力に関することは注意せずに褒めて励まし、躾などの態度に関することは例外なく注意するという使い分けが必要なのです。


▽関連記事
「子供の勉強をコントロールしすぎて親子喧嘩に」
http://www.mori7.com/index.php?e=1566

====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメントフォーム

勉強面の注意は抑え、躾面の注意は繰り返す 森川林 20140123 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」