秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 これからの世界、日本、教育 4
▽ひとつ後の記事 理屈で理解する勉強法から、まるごと自分のものにする勉強法へ

 
競争の勝ち負けよりも、自分の使命に合わせた創造  2014年8月12日  No.2197
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2197      




 競争の勝ち負けにこだわり、勝つことだけを目的とする子よりも、勝ち負けを楽しむという子が増えているような気がします。
 競争には、勝者と敗者がありますが、勝者の勝ったよろこびは、それほど長続きしません。一方、敗者の負けた悔しさは、かなり長い期間続きます。
 これが、競争というもののマイナス面です。このマイナス面があるからこそ、競争が科学や技術を発展させてきたとも言えます。

 しかし、競争が激しかったのは、競争する分野が狭く限られていたからです。
 これからの時代は、人間の個性に合わせて、競争の場も、生活の場も、もっと広がっていきます。すると、その中で、競争するよりも、競争のない場で創造する方が楽しいと考える子も生まれてきます。

 ダーウィンが述べた適者生存と競争による淘汰の理論は、現実の限られた一面しか表していません。それよりも、むしろ、今西錦司が述べたような棲み分けの理論の方が、自然の本来の姿をよく表しているように思えます。

 人間には、一人ひとりそれぞれの使命があります。決して、単なる駒でも歯車でもなく、その人でなければできないことをするという使命を持っているのです。
 その使命に気づくためには、子供時代に好きなことに没頭する時間が必要です。

 好きなことは、人によってさまざまに異なります。中には、勉強が好きでたまらないという子もいるでしょう。また、ゲームが好きでたまらないという子もいるでしょう。
 しかし、勉強が好きとか、ゲームが好きとかいう「好きなこと」は、ほかのもっと多様な世界を知らないために、勘違いした好みとして考えられていることも多いのです。

 子供時代に多様な経験をさせて、その子の本当に興味のある分野を発掘してあげることも、大人の役割だと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 生き方(41) 

コメントフォーム

競争の勝ち負けよりも、自分の使命に合わせた創造 森川林 20140812 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」