秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 自習表のつけ方のコツ
▽ひとつ後の記事 問題集読書を低中学年から計画中

 
電話指導はもう時代遅れに。新しい時代のオンライン作文指導  2014年10月11日  No.2239
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2239      




 言葉の森の作文指導の特徴は、毎週担当の先生が電話で指導することです。
 こういう事前の電話指導があるので、その子の実力に応じた作文の書き方のアドバイスができます。

 紙だけの作文通信指導がなぜ長続きしないかというと、子供が書き始めるきっかけが作れないからです。
 電話指導は、声だけの指導と思われがちですが、これが意外と深く先生と生徒の信頼感を生み出しています。そのため、何年も同じ先生の指導を受けて勉強を続ける生徒がいるのです。

 しかし、言葉の森の電話通信指導にも、弱点はあります。
 それは、電話のあとすぐに作文を書き始めない生徒がいる場合です。

 中学生ぐらいになると、自分で勉強時間の融通をきかせられるので、すぐに始めずにあとで書こうと思ってしまうことがあります。
 しかし、作文の勉強というのは、開始するときの精神的エネルギーが、あらゆる勉強の中で最も大きな勉強です。だから、学校の感想文の宿題なども、多くの生徒は締切ぎりぎりにならないと着手できないのです。

 電話のあとすぐに始めれば比較的楽にできることも、時間がたつとなかなかできなくなります。
 しかし、電話指導だと、こういう生徒を途中で励ますような対応はできません。

 もうひとつは、小学生で途中で詰まってしまう生徒がいる場合です。
 こういうケースはそれほど多くはありませんが、勉強を始めて間もないときや、感想文を初めて書くときは、途中で書けなくなってしまうことがあります。
 そのときは、すぐに教室に電話をして聞けばいいのですが、それをせずに、子供に何十分も自力で書かせようとしてしまう保護者も多いのです。
 書くことに詰まって10分もしたら、もうあとは時間がたてばたつほど、いくら時間をかけても自分の力で書けるようにはなりません。
 こういうときも、電話指導では、途中で生徒にアドバイスをするようなことができません。

 そこで、言葉の森では今、従来の電話指導の枠を超えた新しいオンライン指導の方法を計画しています。
 この冬からそのモニター生徒を募集する予定です。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 寺子屋オンエア(101) 

コメントフォーム

電話指導はもう時代遅れに。新しい時代のオンライン作文指導 森川林 20141011 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」