暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 低学年のうちから自分で勉強する習慣を――そして厳父慈母の実践
▽ひとつ後の記事 中学・高校・大学入試の志望理由書の書き方(再掲)

 
受験作文小論文コースの解説作成やっと終わる  2015年10月1日  No.2430
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2430      




 受験作文小論文コースは、毎年新しい課題があるので、月末はその解説を書くのに時間かかります。
 解説1本に10~15分かかるので、月4回分だと約1時間。それが4、50人もいるからです。
 とは言っても、既に作成したものもあるので、実際に書くのはその一部ですが、それでも数日かかります。

 中学高校入試は読ませる資料も千字から二千字程度の短いものが多いのですが、大学入試は長い資料もかなりあります。中には、何のテストだかわからないような意味不明の複雑な資料も。
 たぶん、受験生が多くなり過ぎないようにわかりにくくしているのだと思います。どこの大学とは言いませんが(笑)。

 しかし、入試問題の中には、なるほどよく工夫されていると思うものもあります。例えば、ある都立中高一貫校の作文の試験は、複数の設問が比較的シンプルですが、よく考えられていると思いました。

 作文小論文の試験は、その学校で実施する最初の年は題名課題が多いようです。それは、受験生がどんな課題でどのくらい書けるのかわからないので様子を見るという面があるからです。

 しかし、題名課題だとみんなそれなりに書けて差がつかなくなるので、すぐに文章を読んで書く感想文課題のスタイルになります。

 ところが、ひとつの文章だとやはりだんだん差がつかなくなるので、そのうち複数の文章や資料を読んで書かせるようになるようです。
 しかし、ただ複数の文章を提示して書かせるのでは、いろいろなアプローチの仕方があるので、今度は評価が大変になります。

 私が、いちばんいいと思うのは、言葉の森の作文指導のように、構成と項目を指示して書かせることです。
 しかし、そういうスタイルの作文小論文試験をやっているところは、まだあまりありません。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

 コメント欄

森川林 20151001  
 受験作文小論文は、解説を書くのが大変です。だから、「入試問題集」にも、模範解答のようなものは載っていません。

 しかし、問題を作成する方は、もっと大変なはずです。誰もがそれなりに書けて、しかも思考力や表現力が評価できるような問題を出すのですから、苦労します。中には、苦労しすぎて意味不明になっている入試問題もときどきあります(笑)。

 しかし、解説よりも問題作成よりももっと大変なのが、受験生の作文を評価することです。
 だから、問題を作成する時点で、言葉の森方式の項目構成指導を打ち出しておけばいいのです。
 そういう問題はまだ多くありませんが、たまに見かけるようになりました。

 言葉の森が、こういうことをはるか以前から気がついていたというのはやはりすごいです。と、自分で自分を褒めてどうするんだ(笑)。
コメントフォーム

受験作文小論文コースの解説作成やっと終わる 森川林 20151001 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」