秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 教育は変わる 2
▽ひとつ後の記事 受験は作文力記述力で差がつく

 
facebookページで「親子で遊ぼうワンワンワン」グループを紹介  2015年10月8日  No.2438
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2438      




 facebookページ「言葉の森ネットワーク」で、遊びのグループを紹介しました。
 こういう親子の遊びや季節の行事を、低学年の作文の実行課題集に載せています。
http://www.mori7.net/jk/

====
 子供は遊びが大好きです。
 それに敢えて理由をつけるとすれば、自分の自由な意思で創意工夫ができて、友達と交流ができるからだと
思います。

 言葉の森ネットワークでは、「親子で遊ぼうワンワンワン」という子供の遊びを紹介するグループを作っています。

 前にあった面白い記事が、ダンボールの空き箱で家の中に子供の隠れ場を作ろうというものでした。
 家の中にキャンプ用テントなどを張ると、その狭い中にわざわざ入って、遊んだり本を読んだり、時には勉強をしたり(笑)します。

 子供向けの遊びに興味のある方は、ぜひご参加ください。
▽非公開グループ
「親子で遊ぼうワンワンワン」
https://www.facebook.com/groups/wanwanwan/


(写真は教室のペットワンワン「ゆめ」)
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 

コメントフォーム

facebookページで「親子で遊ぼうワンワンワン」グループを紹介 森川林 20151008 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20151008  
 小学1、2年生の子で、自由な題名の作文に毎回「きょうのこと」と書く子がいます。
 それは、もちろんそれでいいのです。低学年のころは、毎日の日常が楽しい経験だからです。
 しかし、家庭でもう少し工夫すれば、作文の新しい題材が見つかります。
 何も、家族で旅行に出かけて豪華に遊ぶ必要はありません。
 ちょっとした工夫で、子供は夢中になって遊ぶのです。
 そのひとつが、家の中にテントを張ること(笑)。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」