秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文検定の理論――森林プロジェクトの勉強の目標は作文検定で
▽ひとつ後の記事 算数数学の勉強のコツはまず答えを見ること

 
勉強の順番は、1に国語2に国語  2015年12月13日  No.2493
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2493      




 勉強の順番から言うと、国語が一番です。
 しかし、この国語は漢字の書き取りや、国語のドリルのような勉強ではありません。まず本を読むこと、そして親子で対話をすること、更にできれば文章を書くこと、つまり文化としての国語なのです。
 この国語力さえしっかりしていれば、それ以外の勉強はあとからいくらでも間に合います。

 例えば、想像をたくましくして考えてみるとわかりますが、歴史上の有名な人物が、今の社会に突然登場したら、その成績はどんなだったでしょう。
 聖徳太子が、突然、現代の中学生になって勉強したとすれば、国語は言葉の使い方にギャップがあるとしてもそれでも高得点でしょう。
 しかし、数学は、たぶん0点でしょう。英語も、まず0点でしょう。
 しかし、聖徳太子が一念発起して、数学と英語に取り組めば、数年もせずに高得点になるはずです。

 例は聖徳太子でなく、西郷隆盛でも、勝海舟でも誰でもかまいません。
 つまり、知識的な勉強は、時間はかかるとしてもあとからでも間に合います。しかし、思考的な勉強は、考える力の土台ですから、あとからでは間に合わないのです。

 確かに、数学的なものの考え方は大事です。
 物事を生まれつき理詰めに考える人もいますが、数学の勉強によって理詰めに考える力が育ちます。
 また、これからの社会で仕事をするためには、数学的な素養がさまざまなところで必要になってきます。

 外国語は、自分の文化を相対化して考えるために役に立ちます。
 また、今はコミュニケーションの道具としても、英語は役に立ちます。

 しかし、今の数学と英語の勉強が、学校でなぜ重要になっているかというと、受験で差がつきやすい教科だからという理由の方が大きいのです。
 その証拠に、社会に出たら、特に数学や英語を使わなくても日常生活を支障なく送れるという人の方が圧倒的に多いのです。

 さて、勉強で大事なのは国語力だとしても、人間は勉強の力だけで生きているわけではありません。
 昔から言われているように、知育、徳育、体育のバランスが、人間の生活を作り上げています。

 徳育の基本は、正直に生きることと、思いやりを持つこと、勇気ある行動をとれることです。
 体育の基本は、健康な生活をすることです。
 これらは、いずれも家庭が中心になって行うことです。

 だから、国語力を中心とした知育も含めて、子供の教育のほとんどは家庭で作られ、その表面の仕上げのようなところだけが学校や塾で行われているのです。
 このように考えると、子育て全体については、1に躾、2に健康、3に読書と対話、あとは自由に、ということになるかもしれません。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 子育て(117) 

コメントフォーム

勉強の順番は、1に国語2に国語 森川林 20151213 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」