秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 これからの時代の最も能率のよい勉強法――スタディサプリを活用した家庭学習
▽ひとつ後の記事 これからの学力は作文力――その基礎は親子の遊び

 
読み聞かせの動画「肌の色、シカのつの、シオマネキ、時計」  2016年7月20日  No.2624
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2624      




 7月19日(火)に行った読書実験クラブの読み聞かせの一部です。
 説明文の文章なので、難しい言葉が結構出てきます。

 この話を聞いて構想図を書き、あとでお父さんやお母さんに説明をしたり、取材をしたりします。
 また、自分で実験できそうなことがあれば、それを調べてきてもらいます。調べた結果は、写真に撮ったり、youtubeにアップロードしたりと自由。
 もちろん、あまり負担にならないように、何をやってもやらなくても自由です。

 下記は、約10分の時間で中根が書いた構想図です。
 10分では、子供たちはこんなにたくさんは書けません。しかし、自分なりに書いている間に、読み聞かせで聞いた本の内容が頭の中に残ります。


 物語文の本にもよいものはたくさんありますが、物語文はほとんどの子が家庭で十分に読んでいます。
 読書実験クラブは、家庭ではあまり読む機会のない説明文を中心に読むようにして、その読書をただ読むだけで終わりにせず、その後の何らかの実験につなげられるようなことを大切にしています。

 小学校1年生から3年生は、学校の勉強は基本的なことだけです。
 この時期に、その基本的な勉強を更に難しくしたような勉強を家庭で追加する必要はありません。それよりも、読書と対話と経験で、本当の実力をつけておくといいのです。

 言葉の森は、作文指導の専科教室です。
 しかし、ただ作文を書かせるだけでは、本当の実力はなかなかつきません。大事なのは、作文を書く前の材料と考える力です。
 読書実験クラブは、その作文力育成の準備でもあるのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンエア講座(41) 読書実験クラブ(9) 森の学校オンエア(2) 小学校低学年(79) 

コメントフォーム

読み聞かせの動画「肌の色、シカのつの、シオマネキ、時計」 森川林 20160720 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」