秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 底辺を広げる勉強、高さを伸ばす勉強
▽ひとつ後の記事 今年も一年、ありがとうございました

 
近未来の作文指導は、構想図+音声入力+人工知能要約に  2016年12月31日  No.2775
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2775      




 音声入力は、既にスマホ検索のレベルでは十分に実用化され活用されています。
 近い将来、文章を書く場合にも、この音声入力が使われるようになります。

 音声のスピードは、1分間に400字程度です。
 手書きのスピードは、1時間に1000~1200字ですから、その差は約20倍あります。
 音声で書けば、今よりも20倍の量の文章が書けるようになるということです。

 しかし、ここで問題が二つ出てきます。
 一つは、書く側の問題で、音声入力は、しまりのない文章になりがちだということです。
 もう一つは、読む側の問題で、大量に生産される文章を読み切れなくなる可能性があるということです。

 この解決策として考えられるのは、人工知能による要約です。
 現在、ブラウザに、ウェブ上の記事を翻訳する機能があるように、将来はウェブ上の記事を要約する機能がつくようになるでしょう。

 この人工知能の要約を利用すれば、今話題になっている入試の記述力の評価方法もまた違った対応が考えられます。
 人間が文章を評価するのであれば長い文章の採点は負担がありますが、人工知能を使った評価であれば、時間はほとんどかからないので、むしろ長い文章の方が妥当な評価に近づきます。
 したがって、しばらくは人工知能が要約したものを人間が評価するという形も考えられます。

 ところが、この人工知能要約は、読む側にとっては便利ですが、書く側にとっては抵抗がある場合があるのです。
 それは、文章を書く人は、自分の書く文章の作品性を意識しているからです。
 推敲という言葉は、門を推(お)すにするか、敲(たた)くにするかという選択から生まれましたが、人工知能によって、「どっちも同じ」という結論が出ても、文章にこだわる人は納得できないでしょう。

 そこで、音声入力を、手書き入力と同じように、しまりのある文章にするという工夫が必要になってきます。
 その方法が、構想図を先に書き、その構想図をもとに音声入力をするというやり方です。

 構想図を書くのが、そのテーマを考える段階で、音声入力をするのが、それを文章化する段階です。
 手書きの場合は、書きながら考えるという形が一般的でしたが、これからは考えることと書くことをそれぞれ独立させて進めるようになると思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
音声入力(10) 構成図(25) 

コメントフォーム

近未来の作文指導は、構想図+音声入力+人工知能要約に 森川林 20161231 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


nane 20161231 1 
 学校で、ときどき、「構成メモを作ってから作文を書く」という指導がされることがあります。
 子供たちは、これを嫌がります。
 メモを書くよりも、直接作文を書いたほうが、ずっと楽にいい文章が書けることを知っているからです。
 構成メモは、本当は作文を書くためのメモではなく、考えを深めるためのメモとして書いていく必要があるのです。
 音声入力が日常的に行われるようになると、この微妙な差がはっきりしてくると思います。


森川林 20161231 1 
 ずっと前、あるおじいさんから、「あなたは、いつも八年先を見て生きている。もっと今の足もとを見て生きなさい」と言われました。
 確かに、今のことにはあまり関心がなく、いつも未来のことばかり考えています。
 この「音声入力+構想図+人工知能」も、多くの人にはあまり関心がないことだと思います。
 それどころか、かえって、この機械的な響きに抵抗を感じる人の方が多いと思います。
 そういうことを承知の上で、つい書いてしまいました。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」