秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 森林プロジェクトで、小4からの英語暗唱講座を企画する予定
▽ひとつ後の記事 勉強をコントールする力をつける――そのための親の勉強観

 
大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を  2017年4月16日  No.2920
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2920      




 連休や長い休みになると、子供を遊ばせておくのはもったいないから、どこかに通わせて勉強でもと考えることが多いと思います。
 しかし、その前に、これからの勉強に対する大きな方針を考えておくことが大事です。

 勉強というのは、一種の作業ですから、時間をかけてがんばれば誰でもできるようになります。
 しかし、その作業の方向が違っていては、肝心の目標に結びついた勉強にはなりません。

 勉強の方法論というのは、学校でも塾でもあまり教えてくれません。
 教えてくれるのは、勉強の内容が中心です。それは内容の方がずっと教えやすいし、生徒も勉強した気がするからです。
 しかし、内容は、参考書や問題集を読めば本来独学でもできるものですから、本当に大事なのは方法論の方なのです。

 その方法論を、ほとんどの生徒は、あのよくできる先輩がこうやっていたというような、友達からの聞きかじりのような情報で簡単に決めてしまいます。
 又は、方法論を決めるという意識なく、漠然と勉強を始めてしまいます。
 それでは、その後の努力が無駄になることが多いのです。
 大事なのは努力することではなく、努力の方向を決めることだからです。

 では、その努力の方向を決める勉強の方法をどこで見つけたらよいのかというと、それは、やはり書籍によってです。
 書店の参考書のコーナーの一部に、勉強の方法に関する本が置いてあるコーナーがあります。
 その本を1冊か2冊買って読むのではなく、10冊ぐらいまとめて買うのです。
 ある分野の見通しをつけるための読書の目安は、その分野の本を10冊以上読むことです。

 このまとめて買って読むというのは、参考書や問題集選びでも同様です。
 勉強をするというのは、誰でもできます。
 しかし、その勉強の方向として、何を勉強するのかというところが正しくなければその勉強は空回りの勉強になります。
 だから、今後1年間の問題集や参考書を選ぶときは、書店で一日見比べて、よさそうだと思ったものを数万円分まとめて買ってしまうのです。
 これは、勉強のための最初の投資ですから、もったいないなどと思わないことです。
 そして、実際にやってみる中で最も自分に合ったもの1種類に絞り、その参考書又は問題集を5回は繰り返すという勉強の仕方をするのです。

 繰り返し読むというのは、勉強法の本についても同じです。
 どんなによい方法論を理解しても、勉強を進めているうちに次第に自己流の勉強法に戻ってしまうことがよくあります。
 そのつど、自分がよいと思った本を読み直して、軌道修正しながら勉強を進めていくのです。

 この勉強法の本を読むというのは、子供だけでなく親にも必要です。
 親はどうしても自分の経験の範囲での勉強法でしか子供にアドバイスができません。
 だから、親も勉強法の本を読み、子供と勉強の方法について共通の認識をもっておくことが大事です。

 高校3年生の場合は、この1年間は受験勉強の年ですから、方法を決めることが更に大事になります。
 その方法を決める最初の出発点は、志望校の過去問を、答えを見ながらでいいのでやってみることです。
 過去問は、秋ごろになってから仕上げのためにやるものではありません。春のうちに自分の勉強の方向性を決めるためにやるものです。
 そして、この過去問の取り組みは、生徒本人に任せていてはいろいろ理由をつけて後回しになることが多いので、親が強力にバックアップして早めにやらせるようにする必要があります。
 勉強法の本を読めば、大抵はこの早めに過去問に取り組むことの大切さが書いてあります。

====
【再掲】高3の受験生は過去問に取り組もう
URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1791

 高校1年生、高校2年生は、まだ受験という差し迫った目標がないので、ある程度時間的な余裕があります。この時期に、空いている時間をどのように有効に使うかというと、一つは読書です。勉強や受験には関係ないように見える読書にたっぷり時間を割いておくとあとで必ずよかったと思うときが来ます。もう一つは、英単語です。高1や高2の時間のあるときには、あまり考えずに進められる勉強として英単語の暗記をしておくと、高校3年生なって受験勉強に突入したときに勉強がはかどります。いちいち辞書を引かずに英語の勉強を進められるからです。第3は、苦手科目に集中することです。夏休みの1ヶ月間苦手科目に取り組めば、ほぼ必ずその科目は得意科目になります。

 高校3年生の受験生にとって大事なことは、三つあります。

 第一は、赤本や青本などで志望校の過去問を必ずやってみることです。もちろん、志望校の過去問を解く実力はまだありません。教科によっては全然できないものもあります。しかし、答えを書き込みながらでもその過去問をやっておくと、問題の傾向や性格が必ず分かってきます。問題の傾向や性格が分かってから進める勉強は、一般的な勉強よりもはるかに能率がよくなります。普通の高校生は、ただ漠然と勉強して最後の仕上げとして過去問をやるというような発想で勉強しやすいのですが、これ全く逆です。できなくてもいいから、まず過去問をやって、その過去問の傾向に合わせた勉強をしていくというふうに考えるのです。しかし、実際には高3の初めの時期に過去問に取り組むような自覚的な高校生はほとんどいません。したがって、ある程度強制的に家庭で過去問に取り組む時間を確保しておく必要があると思います。予備校などで、なぜ過去問を早めにやらせないというと、生徒が過去問をやって個別の学校や個別の自分の実力について相談されても一斉指導のスタイルでは対応しきれないからです。

 第二は、ほかの人の合格体験記を読んでおくことです。特にその学校が自分の志望校と同じであれば、参考書や問題集や勉強の仕方で参考になる例が多数載っています。情報時代には、そういう先人の知恵を生かしておくことが大切です。

 第三は、その合格体験などの記事を元にして、自分なりによいと思われる参考書や問題集をまとめ買いすることです。今はインターネット書店があるので、必要な本が時間をかけずに手に入るようになっています。そこで、自分でいいと思った参考書や問題集を一つの教科について複数買っていきます。そして、その教材が届いたら試しに数ページやってみて、自分にとっていちばん相性がいいものをメインの教材と決めます。メインの教材はこれから1年間つきあうのですから、手触りやレイアウトの好みなど感覚的なものが意外と重要です。そして、その参考書や問題集を、わからないところがなくなるまで5回ぐらい繰り返し読むような予定で勉強を進めていきます。数冊を80パーセント仕上げるのではなく、1冊を100パーセント仕上げるというのが勉強の鉄則です。

 これからの1年間は、過去問をときどき解き直し、過去問で勉強の軌道修正をしながら勉強を進めていってください。
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 

コメントフォーム

大事なのは勉強そのものではなく勉強の方法――特に高3生は過去問を 森川林 20170416 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170416 1 
 勉強をする上で大事なことは、勉強そのものではなく、どういう方向で勉強するかということです。
 小学校低中学年のころは、この方法の差はほとんどありません。勉強することがすべてです。
 しかし、その小学校低中学年の勉強スタイルのまま、方向を決めずに勉強をしている中高生が多いのです。
 方向を決めるためには、まず勉強法に関する本を読み、勉強法というものを意識することです。


nane 20170416 1 
 高3生が早めに過去問に取り組むことの大切さは、毎年同じように言いますが、そのとおりにやる生徒はごく少数派です。
 そして、それでも何とかどこかに合格してしまうので、最初に作戦を立てることの大切さがわからないまま、大学生になり社会人になってしまうのだと思います。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」