秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小3の思考発表クラブ5.2週の授業紹介――5.3週の作文はインドの牛の話
▽ひとつ後の記事 教育の第一の目標は、すべての子供の創造力を育てること

 
将来の仕事に必要なのは、理系の頭脳と文系の頭脳  2017年5月12日  No.2950
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2950      




 理科の本が好きな子は、合理的な考え方が好きです。
 何かを考えるときも、科学的にどうしたらいいかというような発想をします。
 感覚的な好き嫌いよりも、理屈が合っているかどうかを重視するところがあります。

 一方、物語の本が好きな子は、感動したり共感したりする話が好きです。
 だから、人間関係でも、そういう人情の機微のようなことを察するようになります。
 ストーリーのある文章は、その中に自分を投影できるので、それだけものの見方が豊かになるのです。

 読書の環境は、外側からは充実しているように見えますが、内実はそうではありません。
 いちばんの問題は、勉強や習い事に追われているせいか、読書時間が全体に少ないことです。
 「1日10ページでもいいから毎日読むことが大事」と言うと、それを単に10ページ読んでいれば十分と思ってしまう人がいます。
 「1日10ページ」は入口で、目標は、「寝食を忘れて読むぐらい熱中できる本に出合う」ということなのです。

 もう一つの問題は、自分の好みの本が狭く限定されていることに気が付かないことです。
 それは、狭いジャンルでもいくらでも読む本があるからです。
 本の傾向を広げる役割は、子供が小さいころはお母さんです。
 ある程度大きくなると、友達からの影響で別のジャンルの本を読むということが出てきます。
 そういう外からの働きかけによって、読む本の範囲を自然に広げていくことが大事です。

 今は、理系の考え方が見直されている時期ですが、理系の力だけでは限界があります。
 それは、世界の大きな流れを見るには、文系的な発想が必要になるからです。
 そうでなければ、理系はただ道具の使い方を知っているだけということになってしまいます。

 専門的な知識や技術を持つとともに、それをこれからの社会にどう生かしていくかということを考える必要があります。
 専門的な実力とともに、専門を離れて全体との関連を見ることのできる幅広い視野が必要です。
 そういう一種の教養をもとにして、初めて自分の専門性を社会に役立つ形で生かしていくことができるのです。

====
将来のその子の仕事のための教育と子育
https://www.mori7.com/index.php?e=2206

 これからの子供の教育を考える場合、未来の仕事がどういうものになるかを考えておく必要があります。人生のかなりの部分は、仕事によって占められているからです。

 これからは、会社に勤めて給料をもらうという時代から、自分が仕事を作り出すという時代になっていきます。今の大人のほとんどは、会社勤めをしていますから、実感としてわかりにくいと思いますが、世の中はそういう方向に進まざるを得なくなっているのです。

 会社というものは、常にコスト削減の波にさらされています。仕事をする人にとっての給料は、企業にとっての人件費です。企業は、利益を出すために、機械化、外注化、省力化を進め、人件費を少しでも減らそうとする傾向を持っています。

 今行われている仕事が、機械で代替されるようになると、仕事そのものが人間を必要としなくなります。それは、労働の苦痛から人間を解放するという点で社会の進歩ですが、その仕事で給料をもらっている人にとっては生活の手段がなくなることを意味します。
 新しい仕事は、機械化が遅れている分野で探さなければなりません。そういう仕事は、魅力的なものとは言えません。

 これに対して、自分が仕事を作っているのであれば、仕事を機械化した分だけ、その人は新しいより創造的な仕事に自分の時間をふりむけることができるようになります。その努力は、自分を成長させるための努力でもあるので、新しい仕事に取り組むことは楽しいチャレンジになるでしょう。

 長い目で見れば、どこかに勤める仕事は、次第に面白くない仕事になり、自分で作る仕事は、次第に面白いものになるという傾向があるのです。

 では、自分で仕事を作るには、どのような能力が必要になるのでしょうか。

 第一は、自分の得意技を複数持ち、その得意技を組み合わせることによって、その分野で第一人者になることです。
 第二は、その分野で時間をかけることによって、他の人が真似のできないようなレベルにまで持っていくことです。
 第三は、幅広い人間力をつけていくことです。

 この人間力は、人望と言ってもいいでしょう。自分より上の人からはかわいがられ、同僚からは信頼され、下の者からは慕われるというのがその人の人望です。

 人間関係の力は、勉強だけでなく、実際の交流によって作られます。人間どうしの交流の多くは、遊びを通して得られることも多いので、友達と楽しく遊ぶということは、勉強と同じように大切なことになります。

 また、ただ仲よく遊ぶだけでなく、自分の個性や創造性を育てていくことも大事です。そのためには、交流と同じぐらい孤独の時間も必要になってきます。

 これまでの子育ては、勉強面での成績のよさや、志望校への合格に還元される面がありました。
 これからは、そうではなく、個性、創造性、人間性を育てることが大事になってきます。

 子供を見るときに、その子が将来どういう仕事をしていくかということを思い浮かべながら子育てをしていくことが大切になっているのです。
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

コメントフォーム

将来の仕事に必要なのは、理系の頭脳と文系の頭脳 森川林 20170512 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20170512 1 
 読書好きな子の多くが物語の本しか読まない傾向があるということが以前は気になっていました。
 しかし、理科的、社会的な説明文の本しか読みたがらない子もいることに最近気がつくようになりました。
 読書には、物語の本と説明の本の両方が必要です。
 ひとこと言えば、物語の本は感動を育て、説明の本は知性を育てます。(そう単純ではない面もありますが) 幅広く読書好きで、しかもある一つの分野が特に好きというのが理想の状態なのだと思います。


nane 20170512 1 
 子供たちどうしの本の紹介を見ていると、どの子もとても上手に自分の読んでいる本のおもしろいところをみんなに説明しています。
 そして、互いに相手の読んでいる本に関心を持ち、自然に読書の幅が広がっているようなのです。
 読んでいる本の紹介は、意外な効果があることがわかりました。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」