△ひとつ前の記事 教育における、垂直統合から水平分業への流れ
▽ひとつ後の記事 国語力アップの秘訣(4)――要約の練習

 
国語力アップの秘訣(3)――スタディサプリの先取り勉強法も  2017年9月23日  No.3048
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3048      




 自主学習クラスでは、国語の問題集読書を中心に、家庭学習のチェックをしています。
 これは、特に国語の勉強が家庭学習だけでは続けにくいからです。

 普通、国語の家庭での勉強というと、問題集を解くような形の勉強になります。
 しかし、これでは国語力はほとんどつきません。
 それは、かける時間のわりに読む量が少なすぎるからです。

 国語力の基礎は、難しい文章を数多く読み慣れることです。
 その基礎力の上に問題を解くテクニックがあります。
 その勉強法として最も役に立つものが問題集読書です。

 問題集読書で深く読む力をつける一方、普通の読書で読むスピードをつけ、更に高度な読書で考える力をつけていくというのが国語力を育て王道です。


 ところで、この自主学習クラスでは、国語以外の他の教科の勉強もチェックできるようにしています。
 特に、今後役に立つのが、スタディサプリを使った算数数学の1年間先取り勉強です。

 なぜ、算数数学を先取りしておくといいかというと、受験期の1年間は受験用の算数数学の勉強をすることができるからです。

 特に、日本の入試問題は算数数学の成績で差がつくようになるので、受験期には受験に特化した算数数学の勉強をしていけるといいのです。

 家庭学習を基本にして、家庭だけでは続けにくくなる勉強を、オンラインで先生がチェックするという勉強法は、今後いろいろなところで取り組まれてくると思います。

 特に、長文音読や、読書や、問題集読書のような形の残らない勉強には、この「家庭学習」プラス「オンラインチェック」というのは有効な勉強法になると思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
自主学習クラス(0) 国語力読解力(155) 

 コメント欄

森川林 20170923 1 
 今回はちょっと話を変えて、スタディサプリの先取り勉強についてです。
 特に、算数数学の1年間先取り学習が、日本の受験体制の中では有利になります。
 本当は、先取りの勉強などをする必要はありません。
 しかし、大学入試の数学においては、先取りの有無で大きな差がついてしまいます。
 だから、小中学生のうちから、学校の勉強に頼らない先取りの勉強法を身につけておくといいのです。


nane 20170923 1 
 勉強は家庭での独学が一番です。
 昔は独学用の教材が限られていましたが、今は豊富にあります。
 本当は、学校の教科書が独学できるように作られていればいちばんいいのですが、今はその代わりにスタディサプリなどの利用ができるようになっています。

コメントフォーム

国語力アップの秘訣(3)――スタディサプリの先取り勉強法も 森川林 20170923 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」