言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 集中力のある勉強の仕方を身につける
▽ひとつ後の記事 小学1年生の作文と勉強のオンライン相談会

 
時間のかかる子育てがやがていい思い出に  2017年10月5日  No.3058
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3058      




 うちの子供が保育園に通っていたころ、毎朝、子供の様子をノートに書いて先生に渡すという決まりがありました。

 せっかく書くのだからと、毎朝必ず何か面白い笑える話を入れて書くようにしました。

 朝の慌ただしい時間帯ですから、毎日、面白い話を見つけて書くのは大変です。

 しかし、何年か経ってそのノートを読み返してみると、その時の情景がありありと思い浮かび、大変だった子育てがその大変さの分だけいい思い出になっていると気がついたのです。

 今、言葉の森で作文を書くために、お母さんやお父さんが子供の話に付き合ったり、また、思考発表クラブで構想図を書くのを手伝ったりアップロードしたりするのは、お母さんやお父さんにとっては結構大変なことだと思います。

 しかし、それが何年か経ってみると、その大変さに比例していい思い出になっているのです。

 だから、大事なことは時々手を抜いて、あまり真面目にやろうとしすぎないことです。

 子供時代というのは、振り返るとあっという間に過ぎてしまうような時期です。

 この時期を楽しみながら取り組んでいくといいと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメントフォーム

時間のかかる子育てがやがていい思い出に 森川林 20171005 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171005 1 
 子供が言うことを聞いてくれないとイライラするときは、ちょっと遠くを見るのです。
 10年後とか。
 そして、やがてこんなことがいい思い出になるだろうと思うのです。
 子供時代は、ふりかえると一瞬の出来事です。
 ときどき手を抜いて、できるだけ楽しくやっていくことです。


nane 20171005 1 
 子供を見ていると、いろいろなことが心配になります。
 しかし、困った子も、みんな立派な社会人になっていきます。
 そして、どちらかというと、困った子ほどたくましく生きていくようなのです。
 だから、困ったことは起こらないと考えておくといいのです。



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」