秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 本を繰り返し読むことの大切さ――数多く読むよりも繰り返し読むことで理解力が深まる
▽ひとつ後の記事 オンライン教育とZoom

 
新しいオンライン教育(facebookページより)  2017年11月9日  No.3088
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3088      




 オンライン教育は、ビジネスにはなりません。
 MOOCも、結局そこがひとつのネックになっていました。
 スタディサプリも、たぶんそこが最も苦しいところでしょう。
 
 もうひとつのネックは、参加者の触れ合いの不足ですが、それはいずれ解決します。
 ZOOMなどのツールが発達してきているからです。

 ビジネスにならないというネックは、もっと根本的な問題です。
 なぜビジネスにならないかというと、それは、今のオンラインが、コピーできるものを対象にしているからです。
 コピーできるもののやりとりが中心であれば、それがどんなに優れたものであっても、それでビジネスを成り立たせることはできません。
 だから、これからのオンラインは、コピーのできない創造を中心にしていかなければならないのです。
 
 教える先生の側も創造的に教え、教わる生徒の側も創造的に答えるような、そういう創造のやりとりです。
 言葉の森の思考発表クラブ、今すこしそういう雰囲気になっています。
 今度、自学自習クラスも、そういう創造のある勉強にしていきたいと思っています。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) ICT教育(1) 思考発表クラブ(0) 自主学習クラス(0) 

コメントフォーム

新しいオンライン教育(facebookページより) 森川林 20171109 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」