言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 12月保護者懇談会(12/18~12/22)の話の内容
▽ひとつ後の記事 作文の字数配分と時間配分のコツ

 
森リン、直りました!  2017年12月18日  No.3113
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3113      




 3月にサーバーを移転してから、文字化けのために、森リンが使えない状態が続いていました。
 また、自動ルビ振りのページも、同じソフトを使っているために、長い間使えませんでした。
https://www.mori7.net/musi/ruby.php

 それが、本日解決して(12月18日(月)18時ごろ)、どのページも元どおり使えるようになりました。
 これまで、長くご迷惑をおかけしましたが、忍耐強くお待ちいただきありがとうございました。m(_ _)m

 この森リンの文字化け直しは、coconalaという仕事のシェアリングサービスのサイトで依頼しました。
 お仕事をしていただいたcore_hei様、ありがとうございました。
 この場を借りてお礼申し上げます。

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森リン(103) 

コメントフォーム

森リン、直りました! 森川林 20171218 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20171218 1 
 文字化けのために10か月近く使えないままでいた、自動採点ソフト「森リン」が直りました。
 これまで、長い間ご迷惑をおかけしました。

 今後、森リンのAI化を目指していきたいと思います。


nane 20171218 1 
 森リンの本質は、語彙の多様性とバランスです。
 だから、作文の評価というよりも、作文力の評価です。
 小論文に合わせた評価なので、小学生の生活作文の場合は、どうしても低めの点数になります。
 作文の字数が短いと誤差が出るので、目安は1200字以上です。
 だから、点数が客観的になるのは、1200字以上が課題になる小6以降です。




■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」