参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定11月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 
△ひとつ前の記事 言葉の森が森林プロジェクトで目指すもの――寺子屋オンラインの作文教育による教育改革で日本をよりよい国に
▽ひとつ後の記事 読解力には段階がある(2)

 
読解力には段階がある――逐語的読解力、共感的読解力、論理的読解力、そして……(1)  2018年8月17日  No.3380
 URLは、https://www.mori7.com/as/3380.html      


w
 以前、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」という本を紹介し、「読解力をつけるためにどうしたらよいか」という記事を書いたことがあります。
https://www.mori7.com/index.php?e=3218
 今回は、その続きです。

 「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」で主に取り上げられていた読解力は、読解力の一部である論理的な読解力です。
 読解力には、実はさまざまな段階があり、論理的読解力はその一つの段階に過ぎません。
 そして、論理的読解力は、ある程度の訓練で比較的容易に上達させることができるのです。

 では、読解力にはどういう段階があるのでしょうか。
 第一は、文字を読んで逐語的にその文字と前後のつながりを理解するという意味でのきわめて基本的な逐語的読解力です。
 幼児や小学校低学年の子が声を出しながら本を読んでいるときは、この逐語的読解力が形成されている時期にあたります。

 この時期をすぎると、言葉を字面の上で読むだけでなく、自分の経験や知識に結びつけて文章の内容に共感しながら読んでいくことができるようになります。
 これが主に物語文の共感的読解力です。

 その共感的読解力と並行してついていくのが、説明文の読み取りに必要な論理的読解力です。
 これは、文章の中にある語句と他の語句が、どういうふうに結びつきながら展開されているのかを読み取る読解力です。
 これが国語の読解問題などによく出される論理的読解力で、これは問題を理詰めに解く解き方を教えると、誰でもすぐに力がつくようになります。

 論理的読解力をつけるための最もよい教材は、入試の選択問題です。
 選択肢の合っていないところがなぜ合っていないのかということを理詰めに説明することでこの読解力がつきます。

 この練習には、何も特別に論理的読解力をつけるための教材などを使う必要はありません。
 ただ市販の問題集を使って解答と見比べながら、なぜ正解となっていないところが正解でないのかという理由を考えるという練習をしていけばよいのです。

 言葉の森が、以前、センター試験国語満点講座を行っていたときの練習法がこのやり方で、この練習によってどの高校生も短期間で例外なく国語の点数を大幅にアップさせたのです。(この講座は、いつか小学校高学年、中学生、高校生を対象にまた企画したいと思います。)

 さてしかし、読解力は、これで終わりではありません。
 共感的読解力、論理的読解力のあとにくるものが、最も本質的な創造的読解力なのです。
(つづく)

234-0054横浜市港南区港南台4-21-15 言葉の森オンラインスクール 電話0120-22-3987
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力・読解検定(0) 

 コメント欄

森川林 20180817  
 国語の読解力とは、単に論理的に読み取る力だけではありません。
 今問題となっているのは、それ以前のもっと基本的な読解力です。
 論理的に読み取る以前の段階で読み取れない子が増えているのです。

 また、もうひとつの問題は、論理的に読み取ったあとにつけるより高度な創造的読解力です。
 実は、この読解力が本質的な読解力なのです。
https://www.mori7.com/index.php?e=3380

nane 20180817  
 論理的な読解力をつけるのに、特別の教材などは必要ありません。
 ただ入試問題集と解答さえあればよいのです。
 なぜ入試問題集かというと、入試問題は厳密に作られているからです。
 厳密に作られているからこそ、理詰めに論理的に解くことができるのです。
 入試問題以外の国語の問題は、問題作成者の主観が入っている場合がかなりあります。
 だから、問題作成者と相性のいい子は、得点が高くなることがあるのです。
コメントフォーム

読解力には段階がある――逐語的読解力、共感的読解力、論理的読解力、そして……(1) 森川林 20180817 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」