△ひとつ前の記事 学力と年収の調査でさらに調べてみるべきこと
▽ひとつ後の記事 短時間で書くには―質問に答えて

 
ツバメのツーちゃん  2009年8月23日  No.606
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=606      


←巣から落ちた日

 数日前、言葉の森の教室に上がる階段の踊り場にツバメのひなが一羽落ちていました。元の巣に戻そうとしましたが、もともと狭い巣で、また落ちてしまいそうです。ツバメのひなが巣から落ちるのは、ひなが大きくなって中に入りきれないので、仲間から落とされてしまうということもあるそうです。

 そこで、このひなにツーちゃんというあまり深く考えていない名前をつけて、成長するまで教室で育てることにしました。

 言葉の森の読解マラソン集で、鳥には草食の鳥と肉食の鳥がいるということを読んだことがありました。ツバメは肉食です。すると、草食の鳥のひなとは食べ物が違います。

 最初に、かつお節をお湯でといてやろうとしましたが、考えてみるとツバメは普通カツオは食べません。

 次に、青虫を探してこようかと思いましたが、ツバメがキャベツ畑で青虫を食べているのを見たことがありません。だから、ミルワームなどもやはりツバメの食べるものではないのでしょう。それに買ってくるのが面倒です。

 ツバメでよく見るのは、田んぼの稲の上を何度もグルグル回って飛んでいる姿です。空中に飛んでいる小さい羽虫を食べているのだと思います。

 イヌイットは、肉食だけですべての栄養をまかなっています。生の肉は、ビタミンも含んでいるので野菜は摂らなくてもいいのです。

 そう考えると、ツバメのひなもかつお節のようなものよりも、丸ごとの方がいいはずです。そこでスーパーでシラスを買ってきて水に漬け塩分を抜いて与えることにしました。これも、ツバメが本来食べるものとは違いますが、すぐに手に入るのがいいところです。

←シラスを食べる

 また、羽虫のような昆虫には殻があります。これはキチン質でできているので、小エビで代用することにしました。

 前に文鳥のひなを育てたときの残りのえさがあったので、それも混ぜました。

 ビタミンが不足するといけないので、人間用の総合ビタミン剤を少し入れました。

 普通の親ツバメは10分ぐらいの間隔でひなにえさをやっているようですが、人間はそんなに頻繁にはできません。人間の目につくところに置いておき、ピーピー鳴いたらえさをやることにしました。

 最初は、割り箸の先端を削ってやっていましたが、シラスや小エビを指でつまんで口に入れてやる方が簡単だとわかりました。

 何かが近くを通ると親だと思ってすぐにピーピー鳴きます。試しにペット犬のユメ(ミニチュアシュナウザー4ヶ月)を近づけてみたら、やはり親だと思って口を開けました。ユメもえさだと思って口を開けて食べようとしたので急いで止めました。

 文鳥にも近づけてみました。文鳥の方が遠慮していました。


 ↑ 「えさちょうだい」「なんだこいつ」「口でかいなあ」

 さあ、秋になって、無事に南の国に帰れるでしょうか。


(この文章は、構成図をもとにICレコーダーに録音した原稿を音声入力ソフトでテキスト化し編集したものです)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教室の話題(26) 

 コメント欄
コメントフォーム

ツバメのツーちゃん 森川林 20090823 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」