作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 家庭での作文の教え方2 字数
▽ひとつ後の記事 家庭での作文の教え方4 表記のポイント

 
家庭での作文の教え方3 パソコン書きか手書きか  2010年2月17日  No.787
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=787      





 小学3年生までは、手書きで作文を書くのが普通です。

 小学4年生でローマ字を習うと、ローマ字入力でパソコンで書くことができるようになります。

 ひらがな入力よりもローマ字入力の方がよい理由は、英文を打つときのキー配列も同時に覚えられるからです。

 パソコンで入力するときには、最初からタッチタイピング(ブラインドタッチ)を覚えておく必要があります。最初のうちは時間がかかっても、キーボードを見ないでも打てるようにします。そうすると、指がキーの場所を覚えるので、よそ見をしながらでも入力することができるようになります。


 よく手書きの方が漢字を覚えるのではないかと言う人もいます。そういうことはありません。

 そもそも作文で漢字を覚えるということ自体がないのです。なぜなら、人間は、書きにくい漢字の言葉は別の書きやすい字の言葉に直して書くのが普通だからです。ただし、わかっているつもりの漢字を間違えて覚えているということは、手書きで書くと初めてわかります。

 したがって、作文試験などがある3ヶ月から6ヶ月前には、それまでパソコンで書いている子も手書きに戻して書くようにさせます。


 漢字の書き取りは、作文とは全く別の勉強として独立させて行う必要があります。漢字の読みは読書に比例しているので、本をよく読んでいる子であれば特に勉強する必要はありません。

 パソコン書きの利点は次のとおりです。


(1)作品として完成された感じがするので書きがいがある

(2)テキストの文章は保存しやすい

(3)また編集も容易である

(4)パソコン書きは手書きに比べて疲労度が少ない

(5)言葉の森の場合はパソコンで書くと直後に森リンの点数がわかる


 手書きの利点は、間違って覚えている漢字がわかるということです。また、作文試験は手書きが普通ですから、試験直前ではやはり手書きで書くことに慣れておく必要があります。


 パソコン書きではできないことがあります。それは、絵をかくことと図を書いて考えることです。パソコンで図を書くことは、できなくはありませんが、手書きよりも不便です。

 そこで、いちばんいい書き方は次のようになると思います。

 まず、手書きで構成図をじっくり書いて考えます。次に、その構成図をもとにパソコンで文章を書きます。漢字の書き取りは独自に勉強しておきます。


 パソコンは文字を修正しやすい分、それが欠点になることもあります。これは手書きの場合も同様で、消しゴムを使うことになれていると、書き直すことが癖になります。パソコンでも手書きでも、できるだけ修正せずに一度で完成した文を書くことに慣れておくと、速く書くことができるようになります。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭で教える作文(55) 作文の書き方(108) 

コメントフォーム

家庭での作文の教え方3 パソコン書きか手書きか 森川林 20100217 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」