言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 家庭での勉強の教え方―子供は勉強の仕方を通して人間関係を学ぶ
▽ひとつ後の記事 低学年から始める読書という勉強

 
問題集読書の四行詩 その2  2010年4月9日  No.858
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=858      



 ファクスで四行詩を送ってきてくれたみなさんの作品の中から、いくつかを紹介します。
 4行ですから、いずれも100字に満たない作品ですが、中には思いがけず新しい発見や創造の世界が生まれているものもあります。




   P331   名古屋市 NA

 トキやイリオモテヤマネコを復活させても
 人間は自然を戻せない。
 なぜだろう?
 生活が困る事にだれも賛成しないからだ

   P338   名古屋市 NA

 私が子供の時、
 三月は
 冬の終わりに近いと
 どれだけ感じた事だろう。


   P181   ナエトル・ヨッシー

 里山とは、「里山」という山ではなく、
 人と自然が交錯するころ、
 自然と人間のせめぎあいの産物、
 という意味深いものである。

   P188   ナエトル・ヨッシー

 かつて胡瓜は夏の季語であった。
 しかし今一年中食べられる胡瓜は
 他の季節の季語となるばかりでなく
 季節を感じないと思われている。

   P196   ナエトル・ヨッシー

 科学は、
 科学者の好奇心や偶然の発見などで進歩し、
 技術は、
 経済や人間社会の必要によって発展する。

   P197   ナエトル・ヨッシー

 景観は、生活者によって作られ維持されて
 きたものだから誇りと愛着がある。ゆえに、
 生活者が誇りと愛情をもって育てなければ、
 来訪者を感動させることはできない。


 では、おまけに、私の四行詩(笑)。


   なぜ、四行詩か   森川林

 文章を読んだあと、問題を解くことも、要約することもできる。
 しかし、植物が日の光を受けて花を咲かせるように、
 人間の自然にいちばん近いのは、
 何かを吸収したら、自分も表現したいと思うことだろう。

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
四行詩(13) 

コメントフォーム

問題集読書の四行詩 その2 森川林 20100409 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」