言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 未来の社会と教育の役割
▽ひとつ後の記事 日本人の学力はなぜ低下したのか

 
言葉の森の暗唱用長文を募集―暗唱文の丘  2010年8月16日  No.993
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=993      





 言葉の森の感想文課題の長文は、いろいろな本から引用しています。しかし、何年もたつうちに内容が古くなったものも出てきました。そこで、課題の長文を一部差し替える必要が出てきました。

 ところで、数年前、言葉の森では、読解マラソンの長文をオリジナルに作ることにしました。この長文作成には、多くの講師が参加した結果、すぐに100編以上の音読用長文ができました。

 現在、言葉の森の暗唱用長文は、これまでの生徒が書いた作文の中から内容や表現が優れているものを選んで事務局で編集し直しています。


 そこで、これらの課題長文、読解マラソン長文、暗唱長文を同じ一つの長文としてオリジナルに作り直していくことにしました。

 この長文の作り直しは、言葉の森の事務局や講師だけでなく、広く一般の方からも原稿を募集する形で行っていきます。

 長文作成をオープンに行うので、ここで作られた長文はだれでもオープンに利用できるものにしていきたいと思います。

 ただし、オープンに長文作成に参加していただくとしても、約千字もの読み応えのある文章を書くのは大変です。そこで、言葉の森の暗唱長文として採用された長文には、言葉の森から原稿料を支払うようにしました。

 また、長文の作成と並行して、その長文の解説となる四コマ漫画もオープンに募集することにしました。


 本日、この長文作成と四コマ漫画作成の募集のページがほぼできあがりました。

森の暗唱文の丘

 小学生から高校生までの生徒が、楽しく読めていつまでも心に残るような長文をたくさん作っていきたいと思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オープン教育(24) 

 コメント欄
コメントフォーム

言葉の森の暗唱用長文を募集―暗唱文の丘 森川林 20100816 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」