小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
 2016年12月発売 第6刷 40,000部。
つづきを読む
△ひとつ前の記事 暗唱と音読の練習は、早口・棒読みが、作文力、読解力をつける方法
▽ひとつ後の記事 森林プロジェクトでの作文の勉強の進め方 3 「子供たちが作文を書いているとき、書いたあと」

 
春休みに向けて、受験生は、まず勉強の方針を立てることから(facebook記事より)  2012年3月12日  No.1481
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1481      





 春が来た。
 野にも、山にも、頭にも(笑)。
 毎年同じようにやってきて、
 毎年少しずつ進歩する。

 小さくなった服は脱いで、大きめの服に着替えよう。
 服に合わせて体も大きくなるんだから。

 ほんとかなあ。(^^ゞ

 今日はすっかり晴れて気持ちのいい空です。
 太陽の光も、まぶしいぐらいの春の明るさです。

 これからいろいろ新しいことが待っている新年度。
 古い荷物は片づけて、部屋も心もリフレッシュです。

 春になると、なぜか新しいことを始めたくなってきます。
 自然の中で暮らしていた縄文時代のころの先祖の血が騒ぎ出すのかもしれません。

 仕事も勉強も、新しいステージに切り換えて、今日も一日元気にがんばりましょう。


 ということで、今日のテーマは、春、新年度。

1、春についてひとこと、
 又は、
2、「しん、ねん、ど」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 新しいことを始めたくなるとは言っても、受験生の場合は、まず計画からです。

 一生懸命勉強するというのは、だれでも同じようにやります。
 違うのは、どういう方針でやるかということです。
 この最初の方針の差が、あとで大きな違いになってくるのです。

 受験より長丁場ですが、仕事もやはり同じ。
 一生懸命はだれでもやるので、大事なのは基本方針です。

 それでは、今日も長期の方針を胸に秘めつつ、いい一日をお過ごしください。


【参考記事】

「これから中学生になるみなさんに―春休み中に勉強法の本を読もう」
http://www.mori7.com/index.php?e=1164
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
勉強の仕方(119) 

コメントフォーム

春休みに向けて、受験生は、まず勉強の方針を立てることから(facebook記事より) 森川林 20120312 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」