△ひとつ前の記事 これから来る経済危機にどう対処するか 1――食料は公園のサツマイモ栽培で
▽ひとつ後の記事 これから来る経済危機にどう対処するか 3――必需品の経済から文化の経済へ

 
これから来る経済危機にどう対処するか 2――新しい仕事作り  2015年12月22日  No.2502
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2502      




 食料が確保できたあとで、力を入れるのは、新しい仕事作りです。
 それは、なぜ経済危機が生まれたかというと、その根本的な理由として、先進国が新しい仕事つまり新しい需要を生み出していなかったという事情があったからです。
 だから、各国がどれだけ金融緩和をしても、経済は上向きにならなかったのです。

 従来の家電製品や自動車や住宅の需要は、途上国ではまだ不足していますが、先進国の経済を牽引するものではなくなっています。
 供給の方は技術革新と新興国の参加によって掛け算で増えているのに対し、需要の方は人口増という足し算でしか増えていないので、供給過剰の不況が生まれているのです。

 従来の新しい仕事というものは、主に製造業でした。だから、大きな資本と大きな組織と大きな市場が必要でした。
 しかし、製造業の生産物がひととおり普及すると、消費は頭打ちになります。テレビや自動車は、一家に何台も必要ないからです。

 これから生まれる新しい仕事は、主に文化産業です。文化の消費は個性的で、しかも上限がありません。
 そして、消費の個性に対応して、文化産業は生産も個性的で、しかも大規模な設備も組織も必要としません。

 これまで、この文化産業が発達しなかったのは、インターネットが登場するまでは、個性的な消費と個性的な生産が出合う場が限られていたからです。
 インターネットの特徴は、消費のロングテールがつかめるように、生産のロングテールもつかめることです。
 つまり、生産の個性と消費の個性が出合うことが、インターネットによって可能になったのです。

 日本生産性本部がまとめた「労働生産性の国際比較2015年版」によると、日本の労働生産性はOECD加盟34カ国で21位だったそうです。
 日本では、要らなくなった仕事を、多数の人員がワークシェアリングしているような状態が生まれています。
 それはまだ、供給が過剰になった仕事から人が去り、新しい生産に向かうような仕組みができていないからです。

 これから生まれる仕事は、魅力的な文化を提供する仕事です。
 それが魅力的なのは、その文化を需要することによって、やがて自分もその文化の供給者になれるという面があるからです。
 これが、製造業との大きな違いです。自動車がどんなに好きでも、自動車の生産者になることはなかなかできません。
 しかし、文化は、好きなものであれば、やがて自分もその文化を供給する側に回ることができるのです。
(つづく)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
政治経済(63) 

 コメント欄
コメントフォーム

これから来る経済危機にどう対処するか 2――新しい仕事作り 森川林 20151222 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」