△ひとつ前の記事 暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(5.5)
▽ひとつ後の記事 オンエア講座「作文と勉強」の曜日増設。無料モニターの追加募集について

 
暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(6)  2016年11月7日  No.2737
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2737      




「一日十分から十五分の素読を行うと、記憶力がよくなるばかりでなく、心理学でいう転移、つまり記憶とは別の力まで伸びるという反応が起きます。その能力とは、抑制力、創造力、論理的な思考力といったものですが、実際にMRIで調べると脳の前頭前野の両側の体積が増えていることが証明されているんです。」

 たまたま、月刊「致知」2016年12月号を見てみると、川島隆太さん(東北大学加齢医学研究所長)と、齋藤孝さん(明治大学文学部教授)の対談が載っていました。
 ここに出てくる話は、言葉の森がこれまで書いていたことや実行していたことと全く同じでした。
 以下、川島さんの話から引用。

「思考や記憶などを司る前頭葉は十二歳がピークで、その後はだんだん薄くなるものですが、大人でも素読を続けることによって元に戻っていくんですね。これは脳の可塑性といわれ、脳の神経細胞のシナプスの量が増えてネットワークが通じやすくなるわけです。それも、MRIで見て分かるくらい劇的に変化するんです。」

「……このトレーニングをやると実際、アクティビティ(行動量)が高まり、記憶力が二割ほど増した状態となります。」

「(SNSについての話で)……ラインの文面を見ていただければ理解できると思いますが、極めてプアなコンテンツしか出てきません。『お昼何にする?』『カレー』『どこ行く?』といったように、まるで幼稚園児レベルの会話しか続かないんですね。物を考える人としての脳は積極的に寝てしまっている。ある意味、とても怖いツールでもあるんです。」

「僕たちは七年間、仙台市の七万人の子供たちの脳を追いかけて調べていますが、スマホやSNSの利用と学力との関係が明らかになってきました。そこで分かったのは、これらを使えば使うほど学力は下がります。それは睡眠時間や勉強時間とは関係ありません。」

「……認知症のお年寄りに、美しい日本語の文章を声に出して読ませるトレーニングを取り入れました。認知症は薬を飲んでもよくはならないんです。悪くなるスピードを遅らせるだけです。ところが、素読を続けると劇的な変化が見られます。認知症の進行が止まるだけではなく、改善していくんです。」

「……教育の専門家ではない僕がそこに深くせめこむことはできませんから、『読書習慣のある子供たちは脳の発達がいい』というデータを示して、それとなく訴え続けているわけですが。」

「素読をしない文化、読書をしない文化では、次の世代からノーベル賞など出なくなるでしょう。理系の脳をつくるのにも、読書は絶対に必要なんです。」


 以上のように、川島さんは、素読の効用について述べていますが、この素読の発展したものが暗唱になります。

 そして、この暗唱を、毎週担当の先生がチェックする形で、家庭で続けられるようにしているのは、今のところ、電話通信で作文指導をしている言葉の森だけだと思います。ただし、生徒の負担にならないように、暗唱チェック、暗唱検定は希望者のみにしていますが。


 さて、SNSの利用が学力を低下させるということについては、ある面からは確かにそうだと言えます。
 しかし、そのマイナス面を克服したSNSの活用法がこれから作られていくと思っています。
(つづく)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

 コメント欄

森川林 20161107 1 
 素読をすると、子供たちの記憶量が二割も増すそうです。
 そして、お年寄りの場合も、治らないはずの認知症が劇的に変化し改善するそうです。
 素読によって、年齢に関わらず脳が可塑的な変化をすることがわかってきたのです。
 この素読の発展したものが暗唱です。


nane 20161107 1 
 暗唱の効果については、自分も暗唱しているときに確かに実感していました。
 頭がよくなっているような感じがしたのです。感じだけね(笑)。
 しかし、主観的なこととも思われるので、そのことはあまり書きませんでした。
 今回の川島さんたちの話をみると、それが客観的にも証明されつつあるようです。


jun 20161107 2 
暗唱は敷居が高いという場合、素読だけでも効果がありそうですね。

jun 20161107 2 
子供だけではなく、大人も、毎日の素読を習慣にしたいものです。

jun 20161107 2 
先日、高学年の生徒に国語の簡単な問題文を音読してもらいました。たった1行の文でしたが、たどたどしくしか読めず、しかも読み間違えをしていました。低学年のうちから音読の習慣をつけておくことは、本当に大事だなあと思いました。

namura 20161108 10 
読書の効果を見直すべきですね。

touko 20161115 77 
音読(素読)を日常の学習に取り入れている生徒さんは、本当に国語力があがります。講師として多数の生徒さんに接していると、実感として強く感じます。
コメントフォーム

暗唱力があれば、作文や国語ばかりでなく数学も英語も思いのまま(6) 森川林 20161107 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」