言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 言葉の森の今後の基本方針と寺子屋オンラインの運営の改善
▽ひとつ後の記事 公立中高一貫校の試験に似た問題を出す私立中学を受験することについて

 
これまでの教育、これからの教育(漫画)  2017年12月3日  No.3102
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3102      




 これからの勉強は、子供たちが思い思いに自分に好きなことに熱中して取り組むような勉強になります。
 では、基礎的な知識の勉強はどうするかというと、それは主に家庭での自学自習でまかなうのです。
 家庭での自学自習の教材は、オンラインの授業で自分に合ったものを選択します。
 学校は、子供たちが、家庭での勉強の成果を発表する場になるのです。









 こういうスタイルの勉強は、もう始まっています。
 それが、言葉の森のオンライン作文コースや、思考発表クラブや、自主学習クラスです。
 12月から、生徒の勉強面での交流をもっと強化していく予定です。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
未来の教育(31) 

 コメント欄

森川林 20171203 1 
 新しい教育は、これまでの教育で成功しているところから生まれません。
 東大や京大が入試改革に踏み切ったのも、世界でのランキングが落ちてきたからです。
 しかし、未来を客観的に予想すれば、たとえ成功しているところであっても、新しい教育に踏み出さなければならないのです。


nane 20171203 1 
 たとえどんなに面白い授業であっても、15分も聞いていると飽きてくるのが普通です。
 しかし、自分が発表する授業であれば、飽きることはありません。
 子供たちは、みんな、聞くよりも話す方が好きです。

コメントフォーム

これまでの教育、これからの教育(漫画) 森川林 20171203 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」