△ひとつ前の記事 作文が早く書ける「音声入力オンライン講座」5月26日(土)11:00
▽ひとつ後の記事 どんな本を読むか。その前に読まない方がよさそうな本

 
楽しさ一番、学問二番、そして三番目は創造性  2018年5月19日  No.3311
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3311      



 文明堂のカステラのような題名ですが。

 発表学習クラスで行う子供たちの発表は、楽しいものであることが一番です。
 楽しいということは、本人が面白がってできるものであるということです。
 実は、これを見つけるのがなかなか難しいのです。
 子供が何を楽しいと思っているかということは、日常の子供の生活に目を向けてその子の関心を推測できるお母さんやお父さんにしかできません。

 どんな子にも、自分の興味の持てる世界があるものです。
 電車の好きな子は、異常に電車が好きです。
 生き物の好きな子は、やはり異常に生き物が好きです。
 この異常なくらい好きなものというのが、その子の勉強の出発点になるのです。

 楽しくできるものを探したあと、二番目に大事なことは、それを学問にまで高めていくことです。
 先日、ジェットコースターに乗った経験を、重力加速度の話に結びつけて説明してくれた中1の生徒がいました。
 そういう遊びに近い経験を、学問の世界にまでつなげていくことが大事なのです。
 高学年になれば、自分で学問的な話に結びつけることができますが、低中学年では子供だけではなかなかそういうところまでは考えが回りません。
 そこで、お父さんやお母さんが手助けをしてあげるのです。
 その手助けをしてあげるときの親子の対話が、子供の思考力と勉強観を育てていきます。
 実は、子供の真の学力を育てるのは、勉強そのものよりも、勉強の準備の段階で考えたり話し合ったりするところでなのです。

 学問の世界につなげたあと、三番目に心がけることは、そこに創造性を付け加えることです。
 創造性とは、まだ他の人がやっていないことをしたり、他の人が考えていないことを考えたりすることです。

 学問の世界の話だけであれば、例えば参考書を書き写すだけでもそれなりのことはできます。しかし、それではその子の個性というものが出てきません。
 その学問の世界の話に、その子らしいもうひとつの創造を付け加えることが大事なのです。

 ただし、創造といっても、もちろんノーベル賞級のものを目指すというのではありません。
 最も手軽な創造は、発表の内容を言葉だけでなく絵で描いてみることです。
 その絵も、資料に載っているような絵を書き写すだけではなく、自分の頭の中にあるものを描いていくようにすれば、そこにその子らしい創造が加わります。

 また意外に考えられる創造としては、ダジャレや俳句などがあります。
 学問的な勉強で理解したことを、ダジャレや俳句で言い表せば、そこにやはりその子らしい創造が生まれます。

 つまり、大事なことは、発表する勉強の中に、いつも自分らしい創造性を盛り込んでいくということです。
 その姿勢が、将来その子が社会に出たときに、言われた仕事を言われたままにするのではなく、ひと工夫もふた工夫もして取り組むという生き方につながっていくのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20180519  
 今の勉強の多くは、本人が興味を持てないものを、知識として教え込み、与えられた答えになるようにテストするというつまらないものになっています。
 本当は、勉強はもっと生き生きとした楽しいものなのです。
 そして、楽しい勉強をやっているうちに、つまらない必要な勉強も乗り越える力がついてくるのです。


nane 20180519  
 遊びを勉強にまで高め、勉強を創造にまで高めるというのが、未来の理想の勉強の姿になると思います。

コメントフォーム

楽しさ一番、学問二番、そして三番目は創造性 森川林 20180519 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」