作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 未来の教育は、平均的な知識を詰め込む教育ではなく、各人の個性を伸ばす教育になる――発表学習のすすめ
▽ひとつ後の記事 寺子屋オンラインクラスで1人1台のパソコンを使うならクロームブックがおすすめ――親の帰りが遅い家庭の子供の夜の勉強時間も安心

 
子供どうしの本の紹介でおもしろい本を見つけよう  2019年5月20日  No.3729
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3729      



 読書の楽しさは、熱中して読む楽しさです。
 たしかに、読んだ結果、何かを得るとか学ぶとかいうことはあります。
 しかし、何かを学ぶことを目的として読むのは、読書をする動機としては弱いものです。

 大人になれば、必要性によって読むという読み方は当然増えてきます。
 しかし、子供の読書は、まず第一に読書の楽しさを味わうために読むものだと考えておくことです。

 お母さんが子供にためになる本や有名な本をすすめると、子供はそれらの本を半分義理で読みます。
 しかし、そういう本に熱中するということはまずありません。
 本は、ワクワクしながら読むことが大切で、苦い良薬でも飲むように義務感として読むものではありません。

 では、子供に熱中する本を読ませるためにどうしたらいいかというと、まずお母さんやお父さんが熱中して読める本に接していることです。
 自分が読むことが楽しいという気持ちで本を読んでいれば、自然に子供にもその楽しさを伝えたいと思うようになります。
 親が読書の楽しさから縁遠くなっていると、子供に、半分教科書のようなためになる本をすすめてしまうのです。

 しかし、同時に、いつまでも漫画のようなに熱中していて、それ以外はほとんど読まないというのも問題です。
 熱中して読むことは大切ですが、熱中できる本にはもっとさまざまな分野があることを知るのも大切です。

 その面白い本を見つけるきっかけとなるのが、友達どうしの本の紹介です。
 寺子屋オンラインの作文や学習発表の意義の一つが、この子供どうしの本の紹介です。
 


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読書(95) 

 コメント欄

森川林 20190520  
 お母さんが子供にすすめる本は、いい本になりすぎる傾向があります。
 半分教科書のような本ばかりでは、子供は熱中して読むという読書の楽しさを味わえません。
 しかし、子供にまかせていては、漫画のような本ばかり読むようになります。
 そこで役に立つのが、読書好きの子から面白い本を紹介してもらうことです。


nane 20190520  
 読書紹介のおもしろいところは、誰かが本を紹介すると、ほかの子が、「あ、それ持っている」と自分の持っている本を探しに行って見せることです。
 そういう場面を見ると、ほかの子も、その本を読んでみようかと思うようになります。
 こういう形で、読書の幅が広がっていくのがいいのです。

コメントフォーム

子供どうしの本の紹介でおもしろい本を見つけよう 森川林 20190520 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。




■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」