ゲストさん ログイン ログアウト 登録
オープンの川
 対話と個別指導のあるオンライン少人数クラスの作文教室
小1から作文力を上達させれば、これからの入試は有利になる。
志望校別の対応ができる受験作文。作文の専科教育で40年の実績。
  

森の掲示板
言葉の森や企画に関する質問、感想、要望などを自由にお書きください。
非公開にする個人連絡は、個別れんらく板にお書きください。




< 前 | 現在1-50番 | 次 > 51-100(全174件)
 
and検索
このpage検索
 


元の記事:
2月保護者懇談会資料 (1721字) 森川林(nane) 2024/02/22 16:58:33 15807   5     

●勉強力の基準は、読書力、暗唱力、創造発表力

 学校の勉強は、時間をかけてやれば誰でもできます。
 成績は点数がつくので目につきやすいですが、本当に大事な学力は目につきにくいものです。

 そのひとつが読書力です。
 本を読むことに熱中して、話しかけても気がつかないというような子は、学年が上がるにつれて学力が伸びます。

 もうひとつは暗唱力です。
 低学年の生徒で、暗唱の練習を家庭でできる子は、ほかの勉強も全部できるようになります。
 暗唱が毎日続けられるかどうかは、家庭学習の基準です。
(でも、無理をしないでください。)

 中根の担当しているクラスで、時どき面白い試みをします。
 例えば、国語の問題集のひとつを選んでその内容を短歌で表そうとか、算数数学のオリジナルな問題を作ってみようとか、Google翻訳で自由に英作文を作ってみようとかいう課題です。
 そのときに、嬉しそうな顔をして喜んで取り組む子は、創造力のある子です。
 今後は、このように勉強に創造的に取り組む姿勢が必要になります。
 大学入試の50%以上が総合選抜入試になる時代で、東北大学は新年度から100%総合選抜にするようになりました。
 勉強の幅を広げて楽しめるような工夫をしていってください。

●漢字、計算、英語

 漢字の書き取りは、いずれなくなります。(遠い先の話ですが)
 計算の練習も、基本さえわかっていればいいとなります。
 英語も、AIテクノロジーによって、英語力のあることの優位性はなくなります。
 しかし、いずれもそれは先の話で、しばらくは入試で、漢字も計算も英語も必要です。
 特に、真面目に勉強しているかどうかは、漢字力と計算力と英語力に表れるので、評価の中心になりやすいところがあります。
 しかし、将来のことを考えて、漢字、計算、英語以外の思考力、創造力を伸ばす勉強に力を入れるようにしてください。
 思考力のためのいちばんの勉強方法は、難しい説明文の本を読むことです。
 ただし、小学生の場合は、難しい本をよむことよりも、楽しい本をたくさん読むことの方が大事です。

●作文を通して親子の対話を深める

 小学1、2年生は、自由な題名の作文です。
 作文の題材作りにお母さんやお父さんが参加すると、作文の内容が深まります。
 子供に自由に書かせるだけでなく、作文に書けそうな企画を家庭でしていくといいです。
 この親子の交流の中で、子供の語彙力と思考力が伸びます。

 小学3~6年生は、題名課題と感想文課題です。
 ここで、子供が、両親に似た例を取材することが多くなりますから、お父さんお母さんは、子供の取材に答えられるような面白い体験談を用意しておいてください。
 これは、思考力語彙力を育てるだけでなく、子供の人生観を育てる勉強になります。
 作文の勉強のいちばん価値のあることが、この親子の対話ができることです。

 中学生高校生は、定期テストなどがあると作文をじっくり書けないときもあります。
 そういうときでも、構成メモで考えることだけはしておくといいです。
 場合によっては、メモをもとにChatGPTの助けを借りて書くような場合もあると思います。
 ただし、勉強は自分の成長のためにするものであって、人に見せるためにするものではないということを、親子で時どき確認しておくといいと思います。

●今後、言葉の森はコミュニケーションを盛んにする方向で運営していきます

 現在、個別れんらく、発表室連絡、個人面談など、保護者と講師がコミュニケーションを取る機会がありますが、今後これらをもっと活性化していく予定です。

 また、ウェブの情報だけでなく、アナログのA4葉書を言葉の森から定期的に送るようにします。

 生徒の成績のデータをウェブで探すのが難しいと思いますので、そのA4葉書にその生徒のデータをQRコードで見られるようにしていく予定です。

●自習室をもっと活用してください

 自宅で勉強するきっかけをつかみにくい場合は、自習室に入って勉強するというようにしてください。
 時間は短くていいので、例えば、自習室に入って10分間読書をするというようなことでもいいです。
 いつでも参加できますので、自由に利用してください。



上の記事に対するコメント▼



題名:
    本文が長いときは、フォームに直接書くよりも、書いたものをコピーして貼り付けることをおすすめします。
てとなに (スパム投稿を防ぐために五十音表の「てとなに」の続く1文字を入れてください。)
本文:
名前:名前は本名でなくてかまいません。自由につけてください。
コード:
パス:  画像は、送信確認をしたあとのページで入れられます。

※コードとパスワードを入れなくても送信できますが、その場合は反映されるまで少し時間がかかります。
 コードとパスワードは、登録ページで取得することもできます。

< 前 | 現在1-50番 | 次 > 51-100(全174件)



Online作文教室 言葉の森    オープンの川 編集   管理の川(事務局用) 「 森の掲示板」 昨日から 0