秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小学1年生のころの勉強ほどシンプルに(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 創造性を生かす教育を(facebook記事より)

 
うまく書くためにちょっとしたうそを書く子(保護者の質問より)  2012年1月10日  No.1397
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1397      





 言葉の森の小1の生徒の保護者から質問がありました。

 作文をたぶんうまく書くために実際とは違うことを書くことがある、ということでした。

 「ウソを書かない」という注意は、場合によりけりです。
 アドバイスの原則は、いいところを褒めるということですから、正直に本当のことを書いたときに褒めるというようにしていくといいのです。

 そのためには、家族の対話の中で、お父さんやお母さんが失敗した話、間違ったことをしてしまった話などをたまに明るく話してあげるといいと思います。

 また、同じような意味で、「いたずらわんぱくものがたり」「ほらふきうそつきものがたり」(いずれもフォア文庫)は、参考になります。

 これらの本を読むと、いたずらやうそはだれだってしたことがあるのだということを知って気が楽になると思います。

http://www.amazon.co.jp/dp/449402614X
http://www.amazon.co.jp/dp/4494026468
(アマゾンで1円でした(笑))

 1年生には難しいので、読み聞かせをしてあげるといいと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 子育て(117) 

コメントフォーム

うまく書くためにちょっとしたうそを書く子(保護者の質問より) 森川林 20120110 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」