秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 調和が進歩の原動力になる時代(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 長文音読で親子の対話を(facebook記事より)

 
作文の上達の順序(facebook記事より)  2012年1月28日  No.1418
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1418      





 最初は楽しむ。
 次に工夫する。
 最後は基本に戻る。
 これが作文の道。

 何のことかと思ったでしょう(笑)。

 でも、いろいろなものに共通していると思います。

 小学校低学年のころは、何しろ楽しむのがいちばん。
 ここで、直したり、上手に書かせたりすると、長続きしなくなります。

 しかし、小学校中学年になると、子供自身に、表現を工夫してより上手に書こうとする意欲が出てきます。
 作文の中に、たとえを入れたりダジャレを入れたりと、そういう工夫が楽しいときです。

 しかし、高学年になると一転して考える作文に。
 感想文のもとになる長文は、1回読んだだけでは意味がつかめません。
 ここで苦労しているうちに考える力がつき、あとはその考える力の基本に磨きをかけていくのです。

 勉強でも、スポーツでも、何の修行でも共通しています。

 最初は楽しくやって、次にいろいろな技術を身につけ、最後は最も大事な基本を磨きつづけます。

 武術でも、最後の免許皆伝のときに師匠から伝えられるのは、ごく基本的な技だそうです。
 その基本を磨き続けて、誰にも負けない技にしていくのです。

 楽しむ、工夫する、磨く、この順序が大事です。
 楽しむべきときに、いろいろな技を工夫させたり、逆に、磨きをかけるときになっても、新しい技を工夫させたりすると、かえって進歩しにくくなるのです。

 そこで、今日のテーマは、進歩の順序。


1、進歩の順序についてひとこと、
 又は、
2、「し、む、ぽ」「じゅん、じ、よ」で五七五(しむぽって言うかい)
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 今の子供たちの勉強の様子を見ていると、小学校低学年のうちに勉強を飛ばしすぎて、高校生になるころにくたびれてしまうという子が結構多いようです。

 本当は、小学生のうちはたっぷり遊んで、高校生になるころから勉強に燃え出すというのが自然の成長の姿です。

 ただ、それは、親も不安なので、仕方ない面もあります。

 いろいろな年代の親どうしがもっと情報を共有し合えればいいいのだと思います。


 それでは、今日も、いい一日をお過ごしください。


 朝から地震情報が出ているようです。
 地震が起きたら、まず自分の身の安全を確保して、それから周りの人どうしで助け合いましょう。

 地震でも 助け合う自信があれば 大丈夫(五七五になってない(^^ゞ)


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=307104326002405&l=5cca2395fe
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 作文の書き方(108) 

コメントフォーム

作文の上達の順序(facebook記事より) 森川林 20120128 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」