秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文の上達の順序(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 親子の対話のための準備として予習室(facebook記事より)

 
長文音読で親子の対話を(facebook記事より)  2012年1月29日  No.1419
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1419      





 読書だけでは難しい本を自然に読むようにはなかなか
ならないが、
 対話の中で難しい話をわかりやすく聞くことならできる。
 親子の対話は、子供にとって読書以上の効果がある。
 しかも、いつでもどこでも気が向いたときにできる。

 ただし、子供の関心に合わせた知的な対話をするというのがちょっと難しい。

 子供たちは、結構自分から話すのが好きです。

 でも、何もないところで準備せずに話す話題は他愛もないことが多いので、聞いている大人もそんなに暇でないのでそこそこに切り上げてしまいます。

 しかし、ここで、子供たちが何かの文章を何度も読んで、その話題を説明するようになると、話は急に格調高くなります。

 大人がその格調高さにがんばって対応すれば(笑)、親子で知的な対話が共有できるようになります。

 こういう対話の習慣を小さいころからつけておけば、家庭の団欒の中心はテレビではなく親子の楽しいお喋りになるでしょう。

 そして、そういう家庭文化は、その子が成長して親になっても引き継がれていくと思います。


 そこで、今日のテーマは、親子の対話。

1、親子の対話についてひとこと、
 又は、
2、「お、や、こ」「た、い、わ」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 お喋りはだれでも楽しいものです。

 それが、一過性のうわさ話や自慢話や人の悪口などではなく、建設的な話になれば、もっと楽しいでしょう。


 それでは、今日も知的な対話のある楽しい一日をお過ごしください。

「ね、そうでしょ」
「ワン?」


言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=307712765941561&l=da38eef39f
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
音読(22) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

長文音読で親子の対話を(facebook記事より) 森川林 20120129 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」