秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 作文をパソコンで入力する方法。将来は短い方がいい文章に
▽ひとつ後の記事 要約の仕方にもコツがある(その1)

 
言葉の持つ不自由さが笑いと創造を生み出す(facebook記事より)  2012年3月23日  No.1499
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1499      





 「ふとんがふっとんだ」が面白いのは、
 そこに不自由な言葉が介在しているからだ。
 もし、自由なイメージやテレパシーで同じことを完璧に伝えられたら、
 面白くも何ともない。「ふーん、そう」というだけ。

 だから、言葉を持たない動物たちは笑いません。

 犬などは、人間にかなり近い感情を持っていますが、喜びはあっても笑うということはありません。(嬉しさを目と口と尻尾で表現することはありますが)

 この言葉の持つギャップが、創造のひとつの源です。

 もうひとつの源は何かというと、それは不自由な身体です。

 生き物は身体があるから、自由に好きなところには行けずに、ころんだりぶつかったりといろいろ不自由な思いをします。

 しかし、そこで、不自由さを克服したいという意欲と情熱が生まれます。

 身体の持つ不自由さから来る情熱が、言葉の持つ不自由さと結びついて、人間らしい創造が生まれてくるのです。

 ということで、不自由さにも感謝(笑)。


1、不自由についてひとこと、
 又は、
2、「ふ、じ、ゆう」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 今日から天気は下り坂で、夕方から明日にかけては威勢のいい大荒れのようです。

 でも、日曜日にはもう晴れて、お花見の準備に突入でしょう。

 お天気も、自由にならないところに味があるのかもしれません。

 それでは、今日も雨にも負けずいい一日をお過ごしください。


(写真は「SOZAIjietn」より)
 笑う犬。
「キャハハハハ」(うそでしょ)


【参考】言葉の森のダジャレの木
http://www.mori7.net/ki/dajare/print.php
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生き方(41) facebookの記事(165) 

コメントフォーム

言葉の持つ不自由さが笑いと創造を生み出す(facebook記事より) 森川林 20120323 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」