秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 頼りになるのは、未来に向かう力(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 バブル崩壊のあとに来る循環型の社会と創造の時代(facebook記事より)

 
塾の作文模試でひどい点数(facebook記事より)  2012年11月7日  No.1647
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1647      





 「塾の模試でひどい点数を取ってきて」という相談の電話がありました。

 中学受験をする小6の子が、塾で作文の模試を受けてきたのです。


 こういう話は、実はよくあります。

 大学入試の小論文模試でも、生徒が「予備校の模試ですごく点数が低かった」と言ってくることがあります。


 中身を見れば、全然問題ないことがほとんどです。

 みんな、点数にとらわれすぎなのです。

 確かに、もう少しこうすればよかったのにというようなことはありますが、そんなにオーバーに減点するようなことではありません。


 塾や予備校の作文小論文の模試など、まずあてになりません。(関係者の方、ごめんね)

 採点する人の主観が大きすぎるからです。

 点のつけ方が極端なのです。


 それに、そういう点数をつけて、ではどうしたらいいかというような指導ももちろんありません。

 点数をつけるマシーンのようなものです。(しかも性能のあまりよくない(笑))


 受験勉強は勝つための勉強ですから、親子で真剣に勝つことに徹しなければなりません。

 しかし、いくつもの勝負をくぐりぬけてきた大人は、そんな受験ぐらいで人生が決まるわけではないという大きな視野を持っていることが大事です。


 特に、子供が低い点数を取ってきたときが大事。

 にっこり笑って、「大丈夫」というのが親のプロです。

 お父さんも、お母さんも、ゆっくりあったまっていきましょう。(そりゃ、親のフロ)


 昔の子供は、学校から帰ったらすぐに遊びに行っていましたが、みんな立派な大人になりました。

 そんなに焦ることはないのです。



 昨日までの雲が東の海上に去り、今日は久しぶりの快晴。

 今日もゆとりの一日をお過ごしください。

 (中根)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 受験作文小論文(89) 

コメントフォーム

塾の作文模試でひどい点数(facebook記事より) 森川林 20121107 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」