言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 国語の記述式問題を解く力をつけるには
▽ひとつ後の記事 公立学校運営の民間への委託と、これからの作文教育の可能性

 
夏の体験学習が始まります  2013年6月28日  No.1853
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1853      




言葉の森 夏の無料体験学習


毎週担当の先生からの電話指導でわかりやすい対話式の作文通信。


電話が終わったらすぐに書き出し、書いている間も質問ができる。


作文の予習で、家族の対話が増え、語彙力や表現力がつく。


だから、作文の勉強で国語力や読解力とともに学力全体が伸びる。



7月中の体験学習に特典

2013年7月中に受講案内を申し込まれた方全員に、


「小学生から中学生高校生まで使える読書感想文の書き方」をプレゼント。


受講案内のお申込みはこちらから。

2013年7月中に無料体験学習を申し込まれた方に、
(実際に体験学習を開始するのは7月以降でも可)



小1~3年は、「小学校低中学年用の面白い音読長文集」
小4~6年は、「小学校高学年用の公立中高一貫校の問題と解説集」
中1~3年は、「中学生用の高校入試作文小論文の問題と解説集」をプレゼント。


無料体験学習のお申込みはこちらから。

更に、2013年7月中にご入会をお決めいただいた方に、
(実際に入会されるのは7月以降でも可)



小1~3年は、「小学生の感想文の書き方の実践解説」
小4~6年は、「公立中高一貫校の入試作文の書き方の実践解説」
中1~3年は、「高校入試作文小論文の書き方の実践解説」をプレゼント。


お問い合わせは、電話 0120-22-3987(平日午前9時~午後8時)


言葉の森独自の勉強法で

誰でも確実にできるようになります。
(ただし、これらの勉強法は希望される方に無料のオプションとして提供しています。)


どんな苦手な子でも作文が書ける言葉の森の構成図法

お母さんがわずか10分手伝うだけで、見る見る作文が書けるようになります。

漢字の読みが学年をこえて中3まで進む言葉の森の漢字音読法

1日わずか10分の勉強で、漢字の読みが学年をこえて中3まで先取りできます。

900字の文章が丸ごと暗唱できるようになる言葉の森の暗唱法

1日わずか10分の勉強で、900字の長文の暗唱が1か月でできて、作文にも他の勉強にも生かせます。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 教室の話題(26) 

コメントフォーム

夏の体験学習が始まります 森川林 20130628 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」