作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 5月の森リン大賞(中1の部)
▽ひとつ後の記事 国語力をつけるには、共感力と論理性

 
共感力の必要な国語の問題を解く力をつける勉強法  2013年7月4日  No.1868
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1868      




 facebook記事より。

====
 日本人は、共感力が強いので、弱いものを見るとつい同情します。
 嬉しいことも、悲しいことも、相手の感情を自分のことのように感じてしまいます。

 人間ばかりでなく、動物や植物にも、更には道具にも、自分と同じような感情があると思ってしまいます。
 ペットに名前をつけるだけでなく、ロボットにも名前をつけます。
 針供養のように、使っていた道具にも仲間に接するのと同じような感情を持つのです。

 それがいい面でもあると同時に、共感しすぎによる弱点もあります。
 そのひとつが、国語の問題(笑)。

 屈折した心理を問う問題があまりにも多いのです。
 たぶん、日本の社会以外ではどうでもいいと思われるようなことが、真面目な国語の問題として出されています。

 先日も、中学生から、「国語のテストの成績が悪かったんですけど」と相談がありました。
 テストを見ると、内容は大体合っているのに、出題した先生の感覚と微妙に違うのです。それで×(笑)。

 こんなのはできなくても大丈夫と言いたいところですが、もしそのための対策を取るとしたら、次のような方法です。
 まず、教材は入試の国語の問題です。
 説明文の場合は、あまり読み違えることはないので、物語文や詩の問題を主な対象とするといいでしょう。
 毎日、その入試問題を読書がわりに読みます。(結構面白いです)

 そして、週に1回、その中のひとつの文章をもとにして、家族で話し合いをするのです。
 人間の感情を理解するためには、同じ場面を身近なほかの人(この場合は家族)がどう理解しているのかを知るのがいちばんです。

 そのときに、親が注意しなければならないのは、
 「えー! こんなこともわからないの」と大声で言わないことです。(言う人が多い(笑))
 親の方が年齢が上なので、国語に関しては子供よりもよくわかって当然なのです。

 国語の勉強は、説明的な文章の場合は、難しい語彙の盛り込まれている文章を読み取る力です。
 物語的な文章の場合は、人間の感情に共感する力です。

 だから、問題集を読むことと、その問題集をもとに対話することが最もいい勉強法になるのです。


 高校入試の小論文の解説をまとめてアップしました。
 結構難しい問題が出ます。
 こういうのも、家族でディスカッションをしておくといいと思います。

http://www.mori7.com/as/1859.html
http://www.mori7.com/as/1860.html
http://www.mori7.com/as/1861.html
http://www.mori7.com/as/1862.html
http://www.mori7.com/as/1863.html
http://www.mori7.com/as/1864.html
http://www.mori7.com/as/1865.html
http://www.mori7.com/as/1866.html
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
国語力読解力(155) 対話(45) 

コメントフォーム

共感力の必要な国語の問題を解く力をつける勉強法 森川林 20130704 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」